病院以外ではまず見る事がないレントゲンですが、そんなレントゲンを使って、驚きのアート作品を作り上げる人物がいるのをご存知でしょうか?

その人物とは、アメリカ、マサチューセッツ州に住む、放射線技師でありアーティストでもある“Paula Fontaine”さん。使い慣れた機器だからこそ成せる技なのか…

彼が発表する作品の数々は、普段、見慣れているはずのモノなのに…

全てが新鮮で、アーティスティックに映ります。では、斬新すぎる、魅惑のレントゲンアート。一挙にご覧下さい!

『デジタル・マップ・ペインティング』と呼ばれる技術を使い表現される“Paula Fontaine”さんの作品の数々。彼にしか表現する事ができないその美しき世界観…魅了されたのは僕だけじゃないはずです。

未知なる世界を教えてくれた“Paula Fontaine”さん。なお、彼の作品は、HP↓から購入する事が可能なので、興味を持った方は彼のHP。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス