出典 http://www.gettyimages.co.jp

せっかく安く中古車を買っても、状態が悪い車に当たってしまい修理費がかかってしまっては意味がありません。どんな所に注意すれば、本当の意味でお得な車を見つけられるのか。知っている人は知っている中古車選びのテクニックを紹介します。

1. 「中古車」を選ぶ理由を明確に

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「人気の車種を少しでも安く欲しい」「なんでもいいからとりあえず安く買いたい」など、中古車購入の目的は人それぞれ。「自分がどうして中古車を買うのか」をハッキリとさせ、選ぶ基準をしっかりと持っておきましょう。

2. 目的に合わせたお店を選ぶ

出典 http://www.gettyimages.co.jp

中古車を販売しているお店は大きく分けて二種類。『ディーラー系中古車店』と『一般中古車店』です。『ディーラー系中古車店』は、その名の通り、メーカー系なので品質が安心できて保証付き。価格も相場に比べ高めです。メーカー車以外の車は基本的に置いていないので、欲しい車種が決まっている方にはいいでしょう。『一般中古車店』はその逆で、いろいろなメーカーのクルマを同時に見られるのが魅力。安くおさえたい方には『一般中古車店』がおすすめです。

3. 事故車はNG

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「事故車」とは交通事故や災害により、車体の骨格部分を損傷し、そこを修理・交換した車のこと。安く購入できますが、事故歴のない車と比べると故障発生率が高く、修理費がかかるだけでなく走行時のトラブルのおそれも多く、おすすめできません。

4. 「整備済み」を鵜呑みにしない

出典 http://www.gettyimages.co.jp

中古車販売店は中古車を売る際、「法定点検」が義務付けられています。法定点検とは車のブレーキ・ハンドルといった基本的な部位を点検すること。

しかし、法定点検では放射線のチェック、エアコンの点検、内外装のクリーニングなどは行いません。法定点検のみで「整備済み」と謳う販売店が多いのも事実。「整備済み」となっていても、法定点検以外の項目も必ずチェックしておきましょう。

5. 保証の「期間」「距離」「部位」を確認

「保証」されている期間はどれくらいか、「保証」されている距離はどれくらいか、「保証」されている部位はどれくらいか。中古車を買う際は「保証」の期間、距離、部位を確認しましょう。いざという時に役に立ちます。

6. 試乗する

可能であれば試乗はぜひしておきましょう。その際に特にチェックしておいてほしいのが、始動時やアイドリング時のエンジン音。少しでも違和感を感じたら、販売スタッフに確認してください。ブレーキの効き具合やハンドルの操作感覚をつかむのにも試乗は役に立ちます。ただし試乗できないお店も多いので、そこは確認しておきましょう。

試乗できなくても安心。「ガリバー」には返品保証も

出典 http://221616.com

ここまで、中古車で失敗しないためのポイントを紹介してきましたが、それでも不安な心配性な方には中古車販売店の「ガリバー」がおすすめ!

ガリバーなら全国500店舗のお店の豊富な在庫の中から選ぶことができ、さらに返品サービスが実施されています。万が一、 乗り始めてからエンジンの調子がよくないことに気づいた、見落としていたヘコミがあった、やっぱり色が気に入らない、なんてことがあっても返品可能!納車後100日以内であれば、車両本体価格の5%に相当するご利用料金さえ払って返品することが可能です。(返品条件あり)

いかがでしたか。ぜひ納得のいく車を見つけて、すてきなカーライフを過ごしてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス