朝の情報番組とくダネ!(フジテレビ系 平日あさ8時~)で、「おかんメール」の特集が放送され、ネット上で話題になっています。みなさんも、お母さんから届いたメールに思わず笑ってしまったことはありませんか?そこで、今回は、「おかんメール」についてご紹介したいと思います。

おかんメールとは?

書籍「おかんメール」とは、お母さんが、娘や息子に送信したメールの内容をまとめたものを書籍化したもの。現在第3弾までが発売されており、シリーズ17万部を突破するほど人気を得ています。

お母さんから届くメールの特徴は、メールの本文や宛先などを、きちんと見直さない、小さい「っ」や「ゃ」、濁点などがとても苦手な文体。また、本文と全く関係ない絵文字を付けて送信するなど、お母さんのメールにルールという文字はありません。

それでは、さっそく「おかんメール」の1例をみてみましょう。

これが「おかんメール」です!

お母さんのメールは、油断して既読すると大変危険です。電車の中や、職場で、安易にメールを読んでしまうと、その破壊力に降参するしかないのです(笑)お母さんは誤字脱字はあまり気にしません。そこも、お母さんらしいなと思うのですが、やっぱり、こういうメールが届くと笑ってしまいますね。

それでは、続いて、「おかんメール」のネット上の反響もまとめてみました。

おかんメールについてネット上の反響は…

お母さんが手作りで作成したペットボトルホルダー。完成した喜びをメールで送ったようです。

筆者のお気に入りは『おかんメール』より、初めて携帯を買った母が初めて送信したメール。

・オマエノトコロニイクカラナ←
本書にも書いてあるが←の矢印が怖い。初めてでこんなメールを送ってくるセンスが私にもほしい。

これ、あるあるですね!お母さんは最初から、うまく文字変換ができません。許してあげて!

商品名のミスや、笑えない内容のメールにそぐわない絵文字。これもあるある(笑)

やっと第3弾を読んだーーー!
このシリーズは読む場所を選ぶのです。
面白すぎてつい噴いてしまうので、
人目のある所では読めないσ(^_^;)

これ、読んでみたいですが、人前では読めそうにないですね。

お母さんは、一体、どこに行ったのでしょうか…。

これは破壊力ありすぎます!

「おかんメール」は、誤字脱字があったり、意味不明だったとしても、それは、母から子供への笑いと愛情に溢れたメールです。ぜひ、この機会に、家族みんなで「おかんメール」を読んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

Spotlightトレンド編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。最新トレンドに関する記事をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス