4月25日(土)公開『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』

出典 https://www.youtube.com

出典 YouTube

2014年に公開され、記録的な大ヒットとなった『アナと雪の女王』。

その続編である短編映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』は、「シンデレラ」と併映の予定。

原題『Frozen Fever』として全米では、日本よりひと足早い3月13日に公開されています。日本では4月25日(土)公開予定。もう間もなくで、またアナ雪に会える!

『アナと雪の女王』のストーリーをもう一度楽しめるムービーが登場!

期待が高まるなか、ディズニーが『アナと雪の女王』のストーリーを「Emoji」風のキャラクターで再現したコミカルでかわいらしいショートアニメーションは、もうご覧になりましたか?!

タイトルは、「Frozen as told by Emoji 」

すぐに気がついた方もいらっしゃるかもしれませんが、タイトルに含まれている「Emoji」は、私たちが日常で使っている「絵文字」のこと!

実は 日本のガラケー文化が生み出した「絵文字」は、2009年にiPhoneの標準機能として導入されたことをきっかけに海外に広がりました。

アリアナ・グランデの携帯ケースも「Emoji」

「Emoji」はPOPなアイコンとして親しまれています。

日本では、映画のストーリーを絵文字だけで表現するツイートが流行

前作が公開されると、映画のストーリーを絵文字だけで表現するツイートが流行しました。

「絵文字」と聞くと、これを思い出される方も多いかもしれませんが、今回公開されたアニメーションは、単純に既存の絵文字で『アナと雪の女王』を再現したものではありません。

スマートフォンのスクリーン画面の中で絵文字風にアレンジされたキャラクターが動きまわり、『アナと雪の女王』のストーリーがメッセージのやり取りの中で展開していきます。

出典 YouTube

スクロールや、音楽の添付など、スマートフォンならではの表現を取り入れた、コミカルでかわいいアニメーションになっています。

エンドロールの細部まで丁寧に再現されているので、「アナ雪」ファンなら最後まで楽しめるはず♡

ここまで再現度が高いと、もう一度映画が観たくなりますね!

「emoji」シリーズにも期待が高まる!

今後、ディズニーは『塔の上のラプンツェル』『ライオン・キング』『くまのプーさん』を同様の手法で短編アニメのシリーズにする予定とのこと。

次回作はどんな作品になるのか?!

新たな表現で盛り上がりを見せる「emoji」シリーズのこれからの展開に期待が高まります。

この記事を書いたユーザー

櫻井眞 このユーザーの他の記事を見る

日本インタビュー協会公認インタビュアー
twitter@p8ma7

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス