記事提供:しらべぇ

近年、企業のリスクマネジメントはますますその重要性を増しています。IT企業をはじめとした大企業は社内専用のパソコンや無線LANの整備はもちろん、オフィスに入る際のゲートまでセキュリティチェックに余念がありません。すべての社員にIDを割り振り、情報漏えいの防止を徹底している企業も少なくないでしょう。

■10.1%が「社員証ぶら下げ行為」にイラッ!

こうした状況の中、いま思わぬモノに怒りの目が向けられていることをご存知でしょうか。男女1063名を対象とした本サイトのアンケート調査によると「社外で社員証を首からぶら下げている人を見ると、イラッとする」と答えた人は10.1%。

社員証は仕事をする上で欠かせないものにもかかわらず、それを見せられることに憤りを覚える人がいるというのは、一体どういうことでしょうか。

■有名企業で働いてますアピール

「あそこの社員なの私。」と見知らぬ人間に知らしめるのって自慢なの?個人情報公開中なの?と思う(女性30代)

会社名を知らせたいだけ(男性50代)

大企業に勤めているのを自慢したいのだと思う(女性30代)

飲み会に社員証をぶら下げてきたヤツがいた。席についてから外している姿に「そのタイミングおかしいだろ」と思った。ダサい自慢(男性30代)

■セキュリティ意識の希薄さ

なぜわざわざ個人情報をぶら下げて歩いているのか理解できない。 恥ずかしくはないのだろうか。今のご時世、個人情報やらなんやらでさまざまな側面から個人がバレるのに。 無防備すぎる(女性40代)

そういう人に限ってカフェなどで大声で自分の会社のまだ喋っちゃいけないような話をしている(男性20代)

個人情報も入っているものをぶら下げて歩いている人を見ると管理能力や危機意識が少ない人なんだと思って、あまり良い気持ちはしない(男性30代)

■自分に酔ってる!

「自分は今、会社で頑張ってます」アピールにとれる(女性40代)

出来る風を自己満足してるみたい(女性60代)

ナルシシズムに耽溺した小物OLの愚かな姿(男性40代)

ONとOFFくらいしっかりつけてほしい(男性20代)

■ゲート系会社員と非ゲート系会社員

社員証が発行される社員とは、大企業やIT企業などでホワイトカラー職に就いている人たちであることがほとんどです。ゆえに、社員証とはある種の人にとって、ゲートを通過してオフィスに入る「あちら側」と、なんのゲートもなくオフィスに入れる「こちら側」を明確に分断させるツールに見えるようです。

セキュリティの観点からも、社員証は首からぶら下げていたとしても、ポケットに入れるなどあまり目立たないように管理したほうがよいのかもしれません。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年3月20日~2015年3月23日
対象:全国20代~60代男女計1063名

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス