学校や仕事が終わり、いざ自転車に乗ろう!と探すも忽然と姿を消した自転車…停めてあったはずの場所には無残に壊された見覚えのある鍵。どこにぶつけていいか分からない怒りにただ呆然と立ち尽くす、といった経験をされた方も多いのでは?

自転車の盗難防止グッズも色々とありますが、無くならない自転車の盗難。そんな自転車の盗難防止グッズに画期的なものが本日発売されました!「その発想はなかった!と早くも話題になっています」

その名も【鳥のうんち】

出典 http://www.excite.co.jp

『鳥のうんちシール』4月1日に発売! エイプリルフールの冗談ではなく本当の話だ。リアルな質感を再現したシールは、サドルなどに貼ればどう見ても鳥のウンチだ。

出典 http://www.excite.co.jp

ネット上でも話題に

質感なども画像を見る限りかなりリアルに再現されていますよね。盗難防止に貼ったことを忘れて、自分でもビックリしてしまいそうです。

鳥のうんちシールを作ろうと思ったきっかけとは

「親しい人を驚かすアイテムとしても使えるんですが、実は自転車やバイクなどの盗難防止になればと思って作りました」(本木さん)

そもそも、鳥のウンチシールは本木さんが大学の卒業制作として作ったものだった。

「◯◯そうで××」をテーマに何を作るか考え抜いた末、イメージと機能との間にギャップを感じる製品を提案することを決意した。それも、単にギャップがあるというだけではないものにしようとした。

「日本はグローバル化によって、分かりやすさを求められるようになりました。ユニバーサルデザインの考え方も強まりましたが、果たしてそれが全てなんだろうかと思ったんです。イメージと機能が結びつきにくいからこそ解決できる問題もあるんじゃないか……と思って企画、開発しました」

つまり、一見冗談で作ったシールのようで、実は犯罪防止を目論んで開発したというわけだ。

出典 http://www.excite.co.jp

確かにわざわざ鳥のフンがついた自転車を盗むような人はいなさそうですよね。自分の愛車にシールとはいえ、鳥の糞を貼るのは躊躇するかもしれませんが…。

とはいえ、自転車やバイクの盗難は後を絶ちません。愛車を守る対策として貼ってみるのも良いかもしれません。

この記事を書いたユーザー

むぎ太郎 このユーザーの他の記事を見る

どこにでもいるただの専業主婦です。
日々の出来事から気になるネタを探し、家事育児の合間にポチポチ書いてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス