記事提供:Social Trend News

ある日のソーシャルトレンドニュース編集部での会話。

「来週の飲み会の件で、霜田編集長にLINEしたのに返信がありません……。」

「あっYちゃん、編集長はLINEの返信は基本的にしないらしいよ!」

「えええっ、返信しないんですか?何でですか??」

「何でだろうね……いわゆるオトコの習性なのかな……。」

オトコの習性が、どうしても理解できない……。女性の皆さん、そんな経験はありませんか?

そこで恋愛・結婚のマッチングサービス『pairs』が1619人の未婚男性に聞いた「理解して欲しい男性の習性」(※)を、回答が多かったTOP5をその理由とともにご紹介します!

第5位「食事の時間が短い」(13%)

理解して欲しいオトコの習性、第5位は「食事の時間が短いこと」。女性としては、せっかく作った手料理であればじっくり味わって欲しいし、外でのデートであれば同じペースで食べたいところですが……。その理由としては

「職業柄早く食べてしまうから。」(20代・男性)
「食事の時間中も経済、仕事は動き続けているため。」(40代・男性)
「食事が遅い人は仕事も遅いひとが多く感じる。」(40代・男性)

など、仕事にまつわるものが多くあがりました。

第4位「買い物の時間が短い」(13%)

第4位は「買い物の時間が短いこと」。

「必要なものだけ買えばいいと思うから。」(20代・男性)
「決めた物しか買わないから。」(40代・男性)

といった理由が多くあがりました。また、

「男が優柔不断だと頼りなくみえるから。」(30代・男性)

と、それを男らしさと感じているという意見もありました。

第3位「連絡が滞りがち」(26%)

返信をしないのは霜田編集長だけではないようです……!理解して欲しいオトコの習性、第3位は「連絡が滞りがちになること」。

「仕事とか付き合いで返せないことを理解して欲しい。」(20代・男性)
「仕事が忙しいときには連絡が滞るときもありますが、必ず後でします。」(40代・男性)

といった仕事を理由とした意見が多い中、

「返信が滞るのは考えがまとまって返信するから。」(20代・男性)
「具体的用事以外では連絡しづらい。」(30代・男性)
「何かをしながらメール返信とかできない。メールに心のこもった返信をしたいから。」(40代・男性)

などといった真面目さ溢れる回答も見られました。ちなみに霜田編集長にLINEの返信をしない理由を聞いたところ、「自分ひとりの時間を奪われることがキライだから」とのことでした……!

2位「異性を目で追う」(42%)

第2位は「異性を目で追うこと」。回答者のほぼ全員が

「女性を目で追うのは男の本能。」(20代・男性)

と、「本能」を理由としていました。特に意図ややましい気持ちがなくても、魅力的な女性がいたら反射的に見てしまうものなのだそうです……。

第1位「1人の時間が大切」(62%)

男性が女性に理解して欲しいオトコの習性、堂々の第1位は「1人の時間が大切であること」。

62%と半数以上の男性が答え圧倒的な1位となりました。

ただその理由は人それぞれの様子。

「趣味に浸る時間もほしい。」(20代・男性)
「考え事や没頭したいこともあるから。」(30代・男性)

と、趣味や考え事を理由にあげる人がいれば、

「ストレスをリセットしたいから。」(30代・男性)
「一人で心を落ち着かせる時間がいるため。」(40代・男性)

という精神的な理由もあり、また、

「べったりは疲れます。」(40代・男性)
「四六時中一緒だと疲れるし一人で考える時間が大切だから。」(30代・男性)

という、そもそもいつも一緒は疲れる、という意見も。

でも一番多かった理由は、

「1人でいたい時間は必ずあるので、そのぶん一緒にいたくなる時間もできると思う。」(30代・男性)
「一人の時間があるから、二人の時間も大切にできる。」(30代・男性)
「一人の時間を持てると、相手をしっかり包み込めるから。」(40代・男性)

という、2人の時間をより良いものにするために1人の時間が必要、というものでした。

オトコの習性をひも解くと、男性なりの美学やポリシー、そして女性への思いやりが垣間見えてくるようです。女性の皆さん、大目に見てあげませんか……?

※調査時期:2014年12月
調査対象:恋愛・結婚マッチングサービス『pairs』18歳以上の未婚男性会員1619名 回答方法:複数選択式

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス