東京都渋谷区議員は、本日3月31日(火)同性カップルを「結婚に相当する関係」(パートナーシップ)と認め、証明書を発行する条例案を賛成多数で可決をしました。日本で初の同性カップルを認めた制度の成立に、多くの人が、反応を示しています。可決されたパートナーシップ条例とは一体どんな条例なのか? 詳しくご説明致します。

■ 同性カップルを認めたパートナーシップ条例が可決!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

同性カップルに「結婚に相当する関係」を認める証明書の発行を盛り込んだ東京都渋谷区の条例案が3月31日(火)、区議会本会議で賛成多数で可決、成立しました。同様の条例は全国初となり、4月1日(水)施行、証明書は平成27年度中の発行を目指すそうです。

■ パートナーシップ条例の内容は!?

出典 http://www.gettyimages.co.jp

同性カップルがアパート入居や病院での面会を家族でないとして断られるケースが問題になっていることが多く、それを踏まえて渋谷区では区民や事業者に、証明書を持つ同性カップルを夫婦と同等に扱う方針だそう。

また証明書を取得した同性カップルは、家族向け区営住宅への申し込みができるようになり、事業者側の判断によりますが、会社での家族手当の支給なども可能になるのです。

■ 気になる皆の反応は…

渋谷区だけでなく、これをきっかけに全国で広がってほしいですね!

本日ようやく認められました!

渋谷区役所には、朝から多くの方々が傍聴券を取りに並んでいたそうです!

遂に同性婚ができるようになったのです!

TENGAもパートナーシップ条例を応援しています!

早速、同性婚をするのですね!

多くのメディアが注目していたのです!

今日が歴史的な一日になりましたね! 

メディアでも多くの同性愛者の方々が活躍していることの影響が、今回の同性婚・パートナー条例の可決につながったのかもしれませんね。社会から差別がなくなるように、一人一人が考えて行動していきましょう!

この記事を書いたユーザー

Spotlightトレンド編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。最新トレンドに関する記事をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス