わが目を疑うようなこちらの作品。これは京都出身の日本人アーティスト”辻 一弘”さんの作品でして…

アメリカポップアートの第一人者『アンディ・ウォーホル』をモデルにしたハイパーリアリズム”胸像”になります。

あまりにリアルすぎて『合成!?』と疑いたくなるのですが…実は作者の辻氏。ハリウッドでは知らない人はいないほどの有名な方でして…

映画『メン・イン・ブラック』や『PLANET OF THE APES/猿の惑星』、『ベンジャミン・バトン』などの特殊メイクを担当した、特殊メイクのスペシャリストなんです。

これだけ近くに寄っても、1mmも違和感を感じない辻氏のハイパーリアリズム胸像。では、他の作品もご覧下さい。

サルバドール・ダリ

エイブラハム・リンカーン

メイクアップ界の巨匠『ディック・スミス』

樹脂、シリコン、顔料のみで作り上げているとは思えない、まるで感情を持っているかのような胸像の数々。『リアル』という言葉だけじゃ…全然足りませんよね。

年に1度、メイク講師として来日されているようなので、興味を持った方は辻氏のHP、チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス