出典 http://gds.it

ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリー(39歳)が、3月中旬、がん予防措置として、卵巣と卵管の摘出手術をしました。アンジーは、2年前2013年の5月に両乳房切除をしています。

子どもの母親として癌で死亡する訳にはいかないという、彼女の強い意志と潔い決断が感じられますが、とても簡単な決断ではなかったことを、経緯について3月24日付けのニューヨークタイムズに手記が綴られています。

アンジーとブラピ夫婦の子どもは何人いるの?

まずはじめに、アンジー&ブラピ夫婦の家族構成についてご紹介していきましょう☆

初めての養子は、マードックス君

アンジェリーナ・ジョリーが一番最初に養子をもったのは2003年3月、映画「トゥーム・レイダー」で撮影をしたカンボジアから養子のマードックス・チヴァン君を養子として迎えます。

この時アンジーは俳優のビリーと結婚していましたが、’マードックス君を養子に迎えたことで二人の意見が合わず、離婚に至りました。

出典 http://johnny-fan.com

2001年8月5日カンボジア生まれで現在14歳になっています。

2人目の養子はザハラちゃん

そして愛称がジーこと女の子の養子であるザハラ・マーレー・ジョリー・ピットちゃん。2005年1月8日、エチオピア生まれで今年2015年に10歳になりますね。

養子になった日は2005年7月で、生後1歳にならない小さいうちにアンジーがエチオピアから養子に迎えます。

出典 http://johnny-fan.com

初めての実子、シャイローちゃん

出典 https://raekasworld.wordpress.com

アンジーにソックリですね!

そしてザハラちゃんを養子に迎えた翌年にアンジェリーナジョリーはブラッドピットとの初めての実子であるシャイローちゃんを出産します。このシャイロちゃんを出産したのがなんとアフリカのナミビアですが、初産をアフリカで体験するなんてすごく勇気がありますよね。

出典 http://johnny-fan.com

シャイローちゃんは2006年5月27日生まれ。今年で9歳になります。

3番目の養子、パックス君

そして次男であり、養子であるパックスことパックス・ティエン・ジョリー・ピット君ですが、彼は2003年11月29日、ベトナム生まれで12歳です。養子になったのは2007年3月で、3歳半まではベトナムの孤児院にいたようです。

出典 http://johnny-fan.com

双子の実子、ノックス君とヴィヴィアンちゃん

そしてアンジーは2008年の7月にブラッド・ピットの間の2番目3番目の実子である双子のノックス・レオン・ジョリー・ピット君とヴィヴィアン・マーシェリン・ジョリー・ピットちゃんをフランスで出産。

出典 http://johnny-fan.com

ブラピ&アンジー夫婦の子どもたちは6人います。白人・アジア人・黒人・実子・養子・双子、と人種もさまざまで生誕地もバラエティーに富んでいます。子どもや家族に対する考え方が、夫婦一緒だからこそ、愛情豊かな家庭を育んでいけるのでしょう。

家族構成をご紹介した後に、アンジーががん予防のための手術を決断した経緯についてご紹介していきましょう☆

経緯について

2013年、乳がん予防のための両乳房切除手術を受けている。遺伝子検査で、乳がんになる確率が87%だと分かっての手術だった。

24日付けで寄稿したニューヨークタイムズの中で、乳がんの要因とされたBRCA1という遺伝子が、50%の確率で卵巣がんを発症させる要因にもなっていると述べた。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

2年前に両乳房切除手術を受ける前の遺伝子検査の時点で、50%の確率で卵巣がんを発症させる要因があると医師から説明を受け、予防のために卵巣・卵管摘出手術のことも視野に入れていたということらしい。

39歳の映画監督、女優、国連特使、そして6人の子どもの母親であるジョリーさんは、いつかは手術を受けようと計画していたのだという。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

母親・祖母・叔母を癌で亡くしている・・・

ジョリーさんは、母親と祖母、それに叔母をがんで亡くし、そのうち母親は卵巣がんで亡くなったということです。ジョリーさんは2013年に、乳がんにかかる確率が87%と指摘されたのを受けて、乳がんのリスクを減らすため両方の乳房を切除し、大きな話題となりました。

出典 http://www3.nhk.or.jp

強制的に更年期状態にする厳しい治療・・・

この手術は、乳房切除手術ほど複雑ではありませんが、影響はより重大です。女性を、強制的に閉経させてしまいます。ですから、私自身、心と体の準備をしてきましたし、医師と、選択肢について話し合ってきました。

代替医療のことも調べてきました。エストロゲンやプロゲステロンの補充に備え、自分のホルモンの計測もしていました。ですが、決断までにはまだ月日があるだろう、と思っていたのです。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

39歳と言えば、健康な女性なら生理も規則的で、毎月排卵もあり、子どもを妊娠・出産するチャンスは十分にある。癌の進行度にもよるが、遺伝子の確率で、がん予防の段階で強制的に閉経させたり、卵管・卵巣を摘出手術するという決断がアンジーらしいと思います。

そして2週間前、医師から血液検査結果の電話があった。「あなたのCA-125は普通です」と。私はほっとしました。そのテストは、血液でタンパク質CA-125の量を計測し、卵巣がんを監視するのに用いられます。しかし、これがすべてであるという訳ではありませんでした。

医師は「初期がんの兆候が見えた・・・」と告げられた。そして、今までの治療を休止。「CA-125には、初期で卵巣がんを逃がす50~75%の可能性がある」と医師は告げた。そして、卵巣をチェックするためにすぐに外科医へ行くことを薦められたと言います。

出典 http://www.nytimes.com

夫・ブラッド・ピッドが飛行機で駆け付けた

その時、仕事でフランスに滞在していた夫・ブラッド・ピッドに電話で手術のことを相談すると、夫はすぐに飛行機で駆け付けた。その日のうちにアンジーは、以前母を担当した外科医の元へ行った。

医師は、「あなたはまるであなたのお母さんのようです。」「私たちは互いに微笑んで、どんな問題でも対応することに同意したので、さっそくそれに向かって取り掛かりましょう」と誓い手術を決めた。

出典 http://www.nytimes.com

手術後、結果が出るまでの5日間、子どもたちのサッカーの試合に出席したり、仕事もしたと言います。これはアンジーが強いからではなく、結果が出るまでの5日間を穏やかに過ごすためにいつも通り過ごしたということです。

結果・・・良性腫瘍が1つ、癌組織の兆候はなかった

先週、私は処置を受けました。 腹腔鏡下相互的な卵管卵巣摘出。 1つの卵巣の小さな良性腫瘍、しかし、組織の何のガンの徴候がありませんでした。

私は、バイオ同一のエストロゲンを含む少しくっきりした斑があります。 黄体ホルモンIUDは、私の子宮に挿入されました。

それは私のホルモンのバランスを維持するのを手伝います、より重要であり、それは子宮がんを防止するのを助けます。 その場所のガンが私の家族歴の一部でないので、私は子宮を保つほうを選びました。

出典 http://www.nytimes.com

結果的に、良性の腫瘍が1つあったけれど、癌細胞は見つからなかったということです。

卵巣・卵管切除をしたものの、癌の傾向があるまま

すべての危険を取り除くことができません、そして、実のところ、私はガンの傾向があるままです。 私は、免疫系を強くする自然の方法を探します。 私は女性的であると感じます、そして、選択に基づいて、私は自分自身と私の家族に向かっています。

出典 http://www.nytimes.com

卵巣・卵管を予防のために切除手術の措置をしたため、今後「ママは、卵巣がんで死にました。」ということは絶対にないということで安心したようだ。子宮を残しているため、完全に女性でなくなった訳ではない、自分は女性であるのだと彼女は言っています。

両乳房切除手術による乳がん発生リスクは?

アンジーの乳がん発症リスクは、手術成功により、87%から5%まで減少。徹底してリスクを除去しても、完全になくなるわけではない。

副作用を含め、医学的な効果は長期的に見守る必要がある。ただ、女性を象徴する部位を病気で摘出した患者への偏見を減らすという意味では、大きな社会的効果を生んでいるようです。

私はもうこれ以上子どもを産むことはできません

私がしているホルモン治療に関係なく、私は現在更年期です。 私はこれ以上の子供を産むことができません。

そして、私は若干の物理的変化を予想します。 しかし、私が強いのではなく、これが生命の一部であるので、私は来るものは何でも楽であると感じます。 恐れられることは、何でもありません。

出典 http://www.nytimes.com

治療で強制的に更年期状態にしたことと関係なく、アンジーはすでに閉経していると言います。幸いなことに彼女は多くの子どもたちに恵まれている。これ以上、妊娠・出産を望むことがないからこそ決断できたのだと言います。

そして、自分の子どもたちや家族のために、子どもたちを守っていかなければならないため、癌で死ぬことはできない母親としての決断だったということでしょう。

アンジーがすべての女性に言いたいこと

もっと若い女性なら、卵管を除去しつつ、卵巣を残すという選択肢もある。そうすれば、閉経せず、妊娠も可能なままなのだという。私には、BRCA1の遺伝子突然変異があります。しかし、それだけを理由に、手術を決めたのではありません。

私以外の女性の方に、聞いてほしいのです。BRCA検査が陽性だからといって、即手術というわけではありません。私はたくさんの医師や、外科医や、自然療法家と話をしました。他にも選択肢はあります。

経口避妊薬を服用する方もいれば、代替医療に頼りつつ、頻繁に検査を受ける方もいます。どんな健康問題に関しても、対策は1つではありません。1番大切なことは、選択肢について知り、その中から自分の個性に合ったものを選ぶことです」

出典 http://www.huffingtonpost.jp

世間の持論は?

25日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、古舘伊知郎氏が、アンジェリーナ・ジョリーの卵巣摘出手術について持論を語った。番組では、アンジェリーナが卵巣と卵管の摘出手術を受けていたニュースを取り上げ、これまでの経緯をVTRで紹介した。

VTR後、古舘氏は「個人の決断だから、人がとやかく言うことではない」と前置きしたうえで、「世界中にはお金がなくて、がんにかかった後も高度な医療、大変高度な治療ができないで甘んじて苦しんでいる方も多くいらっしゃるんで…」と切り出した。

そして「(アンジェリーナは)ものすごく社会貢献の意識がある方だと思うんで、摘出する場合に内緒で摘出する」「公表しないってのも、私はあったと思うんですけどね」と持論を語っている。

出典 http://news.livedoor.com

欧米の医学関係者の間ではアンジーの決断を支持する声も!

卵巣がんは一旦広がると治癒が困難なため、早期対処が重要。一方で、出産のための体の器官を切除することは女性にとってつらい決断であり、専門医の一人はジョリーさんの行動を「信じがたいほど勇敢な行為」と称賛。

出典 http://www.sankei.com

「ジョリーさんの行為は信じがたいほど勇敢な行為だ。(卵巣摘出は女性を強制的に閉経させるが、)閉経についての女性の論議が脚光を浴びるきっかけにもなる」

出典 http://www.sankei.com

さいごに

いかがでしたか?彼女のキャラクターのイメージから来る、潔い決断のように捉えている人もいるようですが、彼女は子どもたちの母親として、家族として、癌で死んではならない、がんのリスクを最小限に抑えるために決断したということでしょう。

ニューヨークタイムズにも綴られているように、多くの医師や研究者と話し合い、さまざまな選択肢の中から自分に合ったものを選びなさい、正しい選択をするために、知識は力だと言っています。あなたは、彼女の決断をどう思いますか?

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス