記事提供:カラパイア

猫は本当に個体差の大きい動物である。それは前提として、猫種や毛色による違いはもちろん、猫の顔の形状により、ある程度の性格が分類できるという。

米カリフォルニア州を拠点に活動する猫の行動学者アーデン・ムーアは、猫の顔の形状と性格には強い関連性があることを発見した。猫の顔を「四角形」「円形」「三角形」の3種類に分類し、それぞれに性格的な特徴があるという仮説を発表した。

ムーアは、この仮説は科学的な調査に基づいたものではなく、自分の経験から引き出したものであると前置きをしたうえで、それでも新しく猫を迎える際に、その家に適した猫を選ぶ判断材料(特に雑種の猫の場合)としてはきわめて有効だと話している。

ムーアによる猫の顔形3タイプの性格診断は以下のとおり。

四角形

ムーアいわく「猫界のレトリーバー」。たとえばイエネコで最大級の大きさを誇るメインクーンなどは、顔の形状が正方形に近い。四角い顔の猫は、体つきも大きくがっちり。優しくて愛情深く、飼い主を喜ばせたいと考えている。人間にスリスリしたり、頭突きしたりするのが大好き。理想的な飼い主は、社交的で、猫と積極的に遊んでくれるメンバーのいる家庭だそうだ。

円形

ムーアいわく「猫界の小型愛玩犬またはライブラリーキャット」。ペルシャやヒマラヤンのような、平坦な顔と大きな目、丸みを帯びた頭とボディを特徴とする。このタイプはおとなしく臆病だが、信頼する人間には従順で、穏やかな愛情を注ぐ。理想的な飼い主は、猫と静かな時間を過ごすことを好むインドア派。

(逆)三角形

ムーアいわく「猫界の牧畜犬」。純血種でいえばシャムやアビシニアンがこのタイプ。ボディは細身で、逆三角形の顔に大きな耳が目立つ。好奇心が強く、活発で頭が良く、よくしゃべる。多くの場合、人のひざの上でくつろぐよりも、窓の外を眺めることを好む。猫に芸を覚えさせたいと考えている人にはこのタイプがうってつけで、にぎやかな家庭に向いている。

via:dailymail・原文翻訳:mallika

さあ、猫を飼っている人は自分の家の猫の顔をチェックしてみよう。この診断、あたっていたかな?

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス