記事提供:子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法

おーちゃんが生まれた時、当時2歳だったゆうちゃんが不安にならないように、ママちゃんは何よりもゆうちゃんを優先して気を配ってきました。

それはもう、ゆうちゃんに気遣い疲れするほど。。。笑

でも、それまでのゆうちゃんと築いた関係性や、おーちゃんが生まれた時にみっちりゆうちゃんの気持ちを優先したおかげか、ゆうちゃんはおーちゃんに対してずっと優しいお姉ちゃんでいてくれて。

だから、3人目のトウくんが生まれた時も、ゆうちゃん、そしておーちゃんが不安にならないように、精一杯上の子たちを優先してお世話しよう!と強くこころに決めていました。

でも、実際トウくんが生まれてみたら、拍子抜けするくらいに、トウくんにウェルカムなゆうちゃんとおーちゃん。

特に、おーちゃんはまだまだ2歳でいつもママちゃんにべったりの甘えん坊。

絶対 ママちゃんがトウくんのお世話とかしていたら、不安になるだろうから、今まで以上におーちゃんの気持ちを大切にしてあげよう!!と意気込んでいたのに

びっくりするくらい、トウくんへのライバル視もなく、ヤキモチの「ヤ」すら見られないおーちゃん。

同じ年齢で弟が出来たゆうちゃんは、ママちゃんが赤ちゃんだったおーちゃんのお世話をすることに慣れるまで、それなりに時間もかかったのに。。。

「赤ちゃんのお世話してもいい?」と聞いた時、まだまだ赤ちゃんの存在に慣れないうちは、「ダメ!」と言うこともあった2歳の頃のゆうちゃん。

そして「赤ちゃんのお世話してもいい?」と同じように聞いても、すんなり「いいよー」と言ってくれる2歳のおーちゃん。

ゆうちゃんとおーちゃん、この違いってなんなんだろう。。。

ママちゃん自身の子育てでの経験、そして4人きょうだいの長女だったママちゃんの幼い頃の記憶や、ママちゃんのきょうだいたちの様子、多くのママ友や読者の方たちのお話を聞いていても感じることは

1人目の子どもは

「ママは自分のものだ」

という意識が強い気がします。

それは1人目の子どもの世界には、生まれたときからずっと 、ママしかいないから。

「ママは自分のものだ」

という意識が自然と生まれるのだと思います。

だから2人目が生まれたあと、赤ちゃんにママを取られるかもという不安や、赤ちゃんばかり可愛がるママへの不満は、とても大きい。

でも3人目のトウくんが生まれたとき、2人目のおーちゃんには、1人目のゆうちゃんほど

「ママを取られた」

「ママを取られるかもしれない」

という意識は 少ない気がします。

それは、おーちゃんが生まれた世界には、すでにゆうちゃんがいて、ママとゆうちゃんは、おーちゃんの世界に当たり前のようにすでに存在していたから

「ママは、他のきょうだいと一緒にシェアするもの」

という認識が、自然にあるのでしょう。

もちろん、ママからの愛情に不安があれば、何人目の子どもでも、自分を見て欲しい欲求から、不安やさみしさを態度で示すのだと思うけれど

「ママはどんな時でも、自分のことをちゃんと見ていてくれている」

という揺るぎない自信が子どもにあれば、ママが赤ちゃんのお世話をしていても、焦ったり慌てたりすることは少なくなるのだと思います。

生まれた世界に、ママしかいなかったゆうちゃんと

生まれた世界に、ママとゆうちゃんがいた おーちゃん。

そういう点からも、下に弟や妹ができた時の1人目のこころのケアは、やっぱり丁寧に、大切にしてあげるべきだと思うし

それがゆくゆくは、スムーズな親子関係、きょうだいの仲の良さに繋がっていくのだと、ママちゃんは思っています。

その子とママの1対1の愛情や信頼関係がきちんと築けていて

「ママは自分のことが何があっても好きだ」

という自信を持てていれば、その子は 妹や弟が何歳離れて生まれたとしても、ママとの関係はブレないのだと思います。

でも、もしママの自分への愛情に自信を持てなければ、年の差が1歳だろうと、10歳だろうと、何歳離れていようと

その子はママを取られるかもしれない、という不安から、ママに自分を見てもらおうと必死になるのだと思うのです。

ママちゃんが 、まさにそんな子どもでした。。。

まずは自分に愛されている自信がないと、他の人にもなかなか優しくはなれない

自分のこころに余裕がないと、相手を思いやれない

ママに愛されている自信がその子にあれば、優しさや思いやりの行動は、あとから自然と付いてくると、ママちゃんは思っています。

生まれた世界に、ママしかいなかったゆうちゃんと

生まれた世界に、ママとゆうちゃんがいた おーちゃん

そして、生まれた世界に、ママとゆうちゃんとおーちゃんがいる、トウくん。。。

同じきょうだいでも、生まれた世界で見たママのいる景色は、それぞれ違うのです。

その世界の見え方をちゃんと受け止めて、子どもたち1人1人それぞれに

「自分は愛されている」という揺るぎない自信をきちんと渡してあげたいなぁ



ママちゃんは思っています。。。

出典 http://stat.ameba.jp

もちろん、子どもたちの生まれた世界にはパパも存在しています(*^^*)

でもやはり、子どもたちと1日中ずっと同じ空間で同じ時を過ごし

一緒に泣いたり笑ったり叱られたり仲直りしたり、自分の目の前にずっといてくれる「ママ」の存在って

小さな子どもたちにとって

自分のすべて

世界のすべて

と言えるほどに

大きい大きいものだと思うのです。

なのであえて子どもの目線から、「ママしかいない世界」と表現させてもらいました。。。☺︎

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス