出典 http://www.gettyimages.co.jp

ふだんは仲の良いカップルも、ドライブ中にはなぜかケンカが増えてしまうとはよく聞くもの。渋滞やガス欠、危なっかしい運転でイライラ。カップル達はどんな理由で揉めてしまうのでしょうか。よくあるパターンを5つ紹介します。

1. 助手席で寝る

出典 http://www.gettyimages.co.jp

長距離のドライブ中だと眠くなってしまうのは仕方ありませんが、運転側はもっと疲れています。どうしても寝たいのであれば、相手に一声かけてから眠るようにしましょう。また、運転手側も「自分の運転に安心してくれるんだなぁ。ぼかぁ幸せだなぁ~」とプラスに受け止めることも大切です。

それでも「寝るな!起きていろ!」と思う方におすすめなのが、『アイキャッチプリクラッシュアラーム』。高度な顔認識と瞳孔検出により、ユーザーの瞳を監視しアラームによって注意を促してくれます。本来、運転手用に居眠り運転、よそ見運転、わき見運転、事故を未然に防ぐ1つの対策として有効な装置として開発されましたが、助手席に設置してもいいでしょう。

2. スマホを触る

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ドライブは二人で楽しむもの。相手が運転に集中してるからといって、スマホでひとりの世界に没頭してはいい気がしません。「見て!わたしを見て!もっと見て!」と思っているはずです。相手は別に運転を手伝って欲しいのではなく、時間を共有したいのです。どうせスマホを使うならゲームやSNSをするのではなく、二人で楽しめる「Navdy」がおすすめです。

車のダッシュボードの上に置いて使用される「Navdy」は普段はカーナビとして動作します。しかしWi-Fi又はBlueToothでスマホと接続すれば、通話や音楽、Facebookなど主要アプリと連携して、デバイス手前の小型プロジェクターから、フロントガラスにモニターを投影することができるのです。スマホに一切触れることなく声とジェスチャーでアプリを操作する事ができ、カップルで一緒にスマホを楽しめる「Navdy」。ドライブ中の会話が続かないという方にもぴったりですね!

3. 道を間違えるとオーバーリアクション

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ドライブ中、道を間違えてしまうと「また~?いいかげんにしてよねー」「ほら!やっぱり!」とかなり大げさに嘆かれ、言い返すとケンカになるという話はよく聞きます。イライラする気持ちは分かりますが、これを言われた方は相当腹が立つもの。特に女性の方は、男性に対し「方向感覚があるもの」と勘違いしてしまっているフシがあるので注意しましょう。方向感覚は人によって様々です。

4. 社内を食べ物で汚す

出典 http://www.gettyimages.co.jp

「全然いいよ!俺そういうの気にしないから!」と言っていても、内心ムカつかれているのが、車内での飲食。匂いの弱いものならまだしも、油の匂いのきついファーストフードやこぼれやすいお菓子などは、避けた方がいいかもしれません。なるべく汚さないように気をつけましょう。

5. 駐車時にうるさい

出典 http://www.gettyimages.co.jp

相手の運転が下手だとイライラする人は多いもの。男女共に「自分はできるのに!」という意識があれば、文句も言いたくなります。だけど言い方には要注意。「なんでまっすぐ止められないの?」「ヘタクソ!今曲がれたじゃん!」なんて言ってしまうと相手も拗ねて嫌な気分のデートになってしまいます。駐車するときにガミガミ言われすぎて、もう一緒に車に乗るのも嫌になっちゃったなんて話も聞くほどです。

そんな駐車が苦手な人を救うべく、車技術は進化しています。空から見ているような視点でクルマの周囲が確認できる「アラウンドビューモニター」や、車庫入れなどの駐車の際に必要なステアリング操作を車両がアシストする「インテリジェントパーキングアシスト」があれば、少なくとも駐車時のケンカは防げそうです。まぁ、結局は相手への思いやりが大切なんですけど。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

あなたも経験したケンカの原因、あったのではないでしょうか。車技術は進歩していますが、やはりお互いの想像力と、思いやり、ある種のあきらめが大切だということが分かりましたよね。

カップルで楽しいドライブデートをするならガリバーで。お二人に合った車を取り揃えております。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス