記事提供:秒刊SUNDAY

でかいネコがCATスキャン(CTスキャン)にかけられていると話題になっている。でかいネコとはもちろん「ライオン」のことですがCATスキャンにかけられている理由とはナンでしょうか。

まさかライオンは猫科の動物だからそれにかけた「CATスキャンにかけてみた」という海外的な粋なジョークを完成させるためにわざわざ写真を撮ったというのであろうか。


―CATスキャンとは


CATスキャンとは、俗に言うCTスキャンで体を立体的に見るためのスキャナーである。体の悪い部分を切開することなく発見し、手術を行う際の判断材料とするものである。一般的には「がん」などの発見をおこなう際に使われている。

さてこちらの「ネコ」ではなく「ライオン」はなぜCTスキャンされているのであろうか。人間と同じくがんの発見を行うために調べていると言うのであろうか。

どうやら、このライオンは「イスラエル」の病院にはこばれビタミンの欠乏症を調べているのだという。それだけのためにCTを使うと言うのは実に豪華だ。

参照元 http://redd.it/2zpcp6

―海外の反応

・うん、それは猫だ
・これは猫です
・スウェーデンので働いていたが研究センターでCTでこれを数回行っている
・カッコいい
・密かにスウェーデンでドラゴンを繁殖しているよ
・今までにない最高のモンスターです
・あ、MRIではなかった
・うん。それは猫です
・ライオンのCTスキャンは、実際の獅子のように威圧されるなあ。
・うわー、まさに家の猫のようだ
・LIONスキャンしたらネコみたいだ
・それは、インターネット上で最高のイメージです!
・それまでネコだとは思わない
・ペットのライオン?絶対にありません、ライオンはペットではありません
・私はこのシーンを初めて見る

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス