記事提供:カラパイア

米ニューヨーク、マンハッタンのロウアーイーストサイドで突如銃ショップがオープンした。この銃ショップ、見かけは普通の銃ショップだが、銃を求めて店に入った顧客のほとんどは銃を買うことなく出ていくという。

その理由はセールストークにある。店長に銃を見せてくれと頼むとこんな感じの説明が返ってくる。

「このリボルバー(回転式拳銃)は銃の中でも特に扱いが簡単で、一番人気がある。これは、22口径で約15センチだ」。そして、さらに説明は続く。

「5歳の男の子がこの銃を使って、生後9ヵ月の弟を死亡させた。その子は両親の寝室で銃を見つけると、室内の柵の中にいた弟に向けて発砲。弟の頭をぶち抜いたんだ。」

出典 YouTube

他の銃販売店ではおそらく聞くことのない、この気が滅入るような率直なセールストークは、「アメリカでの銃による暴力を防ぐこと」をモットーとしたNPO団体、ステート・ユナイテッド・ツー・プリベント・ガン・バイオレンス(States United To Prevent Gun VIolence)の狙い通りだった。

彼らは、アメリカ国内で一番銃規制の強い都市として知られるマンハッタンに偽の銃販売店を開いたのだ。

「私たちの目的は人々の関心を高めることです。」と話すのは、銃に反対するニューヨーカー団体(New Yorkers Against Gun Violence)のトップ、レア・ガン・バレットさんだ。

「銃を所持している人は、銃を持つことで自分や家族の身を守れる、安全性が確保できると言います。しかし、殺人、自殺、家庭内暴力の観点から見ると、銃が家にあるということは安全どころか危険性を増やしているだけなんです。」

昨年の秋の世論調査では、アメリカ国民の半分以下しか銃規制の強化を支持していない事が判明した。これではいけない、と思ったバレットさんたちは国民の意識を変えるために、偽の銃販売店や銃を販売するウェブサイトを作ったりするアイデアを思いついたという。

通常、民衆の関心を集めたり、主張を呼びかけるためによく行われるのはイベントやキャンペーンなどだ。しかし今回、彼らは全く違う観点から攻めてみようと決めた。それが、隠しカメラがたくさん付けられた偽の販売店という、前代未聞の社会的実験だった。

バレットさんによると、この実験の対象者は主に銃を所持している親たちだという。

「アメリカの若い世代(10-19歳)における銃による自殺は、12歳がピークで、82パーセントの確率で家にある銃が使われています。通常、親の所有している銃です。

親が銃を所有しているのであれば、その責任は親にあります。子供の完全に手の届かない場所で保管する必要があるということを忘れないでください。」とバレットさんは述べた。

偽の店はアートギャラリーを借りて2日間、営業された。店には、弾が装填されていない銃と、映画で使われているような本物同様の偽造銃が約100個ほど置かれた。

入り口に飾られた広告には、ピストル、ライフル、ショットガン、中古銃などと書かれており、さらにその上に「銃の店」という文字が付け加えられた。また、それぞれの銃にはタグが付けられ、似たような銃を使用した事件の詳細が明記された。

カウンターには俳優が立ち、迷彩柄のベストとアメリカ国旗が雰囲気作りのために付け加えられた。また、ニューヨーク市警たちもその現場にいたという。

「この店にきたお客さんたちは、みな真剣に銃の購入を考えているようでした。銃に付けられたタグを見れば、そのような人たちでも武器を所有することを再度考えるでしょう。教育的な経験になるはずです。」とバレットさんは話した。

そして、ついにその実験は始まった。

バレットさんによると、店に来る多数の人は護身用の銃を求めてやってくるという。

「僕は憲法修正第2条(アメリカにおける銃規制をすべきではないという根拠になっている項目)を支持している。ニューヨークで銃販売店を見つけるのは結構大変だったよ。」と店内で話す男性もいた。

また店内のビデオを見れば、タグを読む客のしかめっ面と、銃に関わる説明を聞いたときの気まずい瞬間が伝わってくる。

「収集家の人たちは、この銃が大好きなんだ。」客の一人がある銃をつかむと、店長はこう告げた。そして、さらにその銃に関する歴史を話し始めた。

「アダム・ランザの母親のコレクションにもこの銃があった…息子がこの銃と他の複数の銃を手に取り母親を殺すまでは。その後、彼はサンデーフックに行き、罪のない6人の教師と20人の生徒を殺害したんだ。20人の子供の命はあっけなく消えてしまったよ。」

こんな話を聞かされたら、普通の人なら購入を躊躇するかせめて再考するだろう。実際にこの話を聞いた男性客はこう続けた。「今の話を聞いたら考えが代わったよ。この銃を買うのはやめることにした。」と。そして、その客は店を去っていった。

店長の話を聞いた時にみせる人々の表情

via:washingtonpost・原文翻訳:melondeau

この試みはうまくいったが、銃を持つ自由を主張する全米ライフル協会は黙っていなかったようだ。こういった行為はアメリカ合衆国憲法修正第2条にある「規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、人民が武器を保有しまた携帯する権利は、これを侵してはならない」。に反しているとして抗議したそうだ。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス