「ねぇ ママ」

って、子どもたちに呼ばれたら。

「ママ 見て見て!」

って、子どもたちの嬉しそうな声が聞こえたら。


なあにー?と 返事をしたあとに

なあに? 「ゆうちゃん」

なんですかー?「おーちゃん」

と、ママちゃんはなるべく名前を付け足すように意識しています。


単に呼ばれた時以外でも、待ってて欲しい時なども

「ちょっと待っててね」

よりも

「ちょっと待っててね おーちゃん」

と応えるようにしています。


また、ママちゃんに叱られて少し時間を置いたあとや、ママちゃんの様子を伺いに来たりごめんなさいを言いに来ようとして

『…ママ』

と声をかけてきたときなどでも。


ママちゃんの怒りがどんなに収まっていなくても、むしろ怒りが収まっていない時こそ

「ママ」と呼ばれたら

どんな形になっても、返事をして名前を呼ぶことを意識しています。

イライラしてしまった時や怒ってしまった時、どうしても気持ちが収まらない時って、なかなかすぐに返事をする気になれなかったり、それ以上自分の気持ちが爆発するのを無意識に防ごうとして、ついだんまりしてしまいがちになるけど。。。

でも 叱られたり怒られたりした時って、子どもってこころの中は不安でいっぱいなんですよね。。。


そして何より『無視』は、子どもを本当に不安にさせてしまうと思うから。。。


子どもはいつでも

『ママのこころの中に自分がちゃんと存在しているか』

ということを、本当に本当に気にしているいきものだから。。。

だから、ママに怒られたあと

思い切って「ママ」と呼びかけたことを無視されることは

子どもにとったら、自分の存在している世界がなくなってしまうような、そんな不安や恐怖すら感じるのではないかと思うのです。。。


だから、『無視』はしたくない。

どんなに不恰好になっても、どんなにキマリが悪くても、問いかけにはちゃんとその場で応えたい。


もしその場でゆっくり話せないほど気持ちに余裕がない時でも、ちゃんと返事をして、自分の気持ちが落ち着いてから

名前を呼んで

抱きしめて

話し合いができたらと思っています。

名前は

あなたがここにいる証。


あなたに、ちゃんと気持ちを向けているよ

あなたの存在をちゃんと感じているよ

ということを、あなたに伝えたいと思うから。


だから、あなたが

ママのこころの中に自分がいるか不安にならないように

あなたがママと呼んだら

なあに?とすぐに返事を出来る距離で、あなたの名前を、たくさんたくさん呼んであげたい。

ママとパパがたくさん悩んで、たくさんの願いを込めてつけたあなたの名前。

ママ、一体1日何回、あなたの名前を呼んでいるのかな。

そしてあと何回、ママはあなたの名前を呼べるのだろう。


あなたが大きくなって、ママの手を離れるにつれて

あなたを呼び寄せることが減る度

あなたを叱ることが減る度

あなたと過ごす時間が減る度に

毎日こんなにも呼び続けている、あなたの名前を呼ぶこともきっと少なくなるのでしょう。


あなたの人生の中で、あなたの名前を1番多く呼ぶのは

ママかな、それとも、大人になったあなたがいつか出会うあなたの大切な人かな。


ママとパパがつけたあなたの名前は、

あなたがここにいる証。


ママとパパがあなたの名前を呼べなくなる日が、いつかあなたに訪れても

あなたが出会うでしょうあなたの大切な人が、あなたの名前を、ずっと優しく呼んでくれたらいいな。

ママとパパが呼び続けるあなたの名前に、ずっといとしい温度が残るといいな。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス