2014年の夏に放映されて人気を集めたテレビ番組『ウルトラ怪獣散歩』。この番組が、多くの人びとのラブコールによって2015年5月から、ついにCS放送フジテレビONEでレギュラー化されるそうです。

そして、この番組のエンディング曲「ウルトラ怪獣散歩のテーマ」の歌詞が、世情を風刺していると話題に。

歌詞に風刺が効いている!?

それでは実際にその歌詞を見てみましょう。そこはかとない悲しみや怒りが、コミカルに表現されています。

誰か僕に地球をくれませんか
誰か僕に愛をくれませんか

東京の下町を ぶらりしようと思っただけなのに
怪獣だからという理由で 撮影許可降りない
スカイツリー 登らせてくれなかった
お寺に神社 大抵 怪獣NG

怪しい獣と書いて 怪獣なんだ
でも本当に怪しいのは 地球人の方だろ
妬みと嫉みの化けの皮に包まれた人間どもよ

誰か僕に地球をくれませんか
誰か僕に愛をくれませんか
せめてください 散歩の許可を

出典 https://www.youtube.com

『ウルトラ怪獣散歩のテーマ』 歌:メフィラス星人

さすがに地球を簡単にあげるわけにはいかないと思いますが(笑)。子どもに挨拶するだけで不審者扱いされてしまうような、最近の世情を風刺しているようにもみえます。

しかしこの怪獣たち、もはや人畜無害な設定のわけですが、若干、人間という存在に批判的でトゲが残っているところも面白いですね!

警察の方も要チェックのようです!

怪獣好きにも、街歩き好きにも!

出演するのは、ダダ、ザラブ星人、メフィラス星人の3種類の怪獣たち。声は人気お笑いトリオ「東京03」が担当とのこと。

この番組は、国民的特撮シリーズ『ウルトラマン』に登場する怪獣たちが、様々な街の人気スポットなどを訪れてレポートするというもの。実際には食べることはできませんが、グルメレポートもあり。怪獣好きにも街歩き好きにも、魅力的な番組になっています。

そのテーマソングはこちら!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

らばどら このユーザーの他の記事を見る

国内外を転々としているフリーライター。
犬と猫なら猫派です。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • ニュース

権利侵害申告はこちら