太陽が月によって覆われ、太陽が欠けて見えたり、あるいは全く見えなくなる現象を起こす日食。3月20日、北アフリカからヨーロッパ全域にかけて部分日食が見られました。ヨーロッパでこれほど大規模な日食が観測されたのは16年ぶりなんだそうです。

そんな天文ショーに合わせて、Oreo(オレオ)がロンドンでインパクトのある広告を仕掛けて話題になりました。

ビルの大型ビジョンに、日食が起こるタイミングを見計らってオレオのアニメーションを流しています。真っ白なクリームを太陽に、そして黒色のクッキーを月に見立てて、クッキーの月が徐々にクリームの太陽を覆い隠していく様子を日食とシンクロさせて表現しています。

そして最後にはこんなメッセージが

出典 https://twitter.com

「次の日食を楽しめるのは11年後だね」「でも、オレオならそれを待つ必要なんてないんだよ」という意味を含んでいるんでしょうね。

数年に1回しかない天文ショーを活用する素敵なマーケティングでした。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス