記事提供:Social Trend News

最近“セカンド処女”と呼ばれる女性が意外と多いらしい……。“セカンド処女”とは未経験ではないものの、現在2年以上性交渉をしていない20〜30代の女性を指す。

当社が2015年3月に独自で行った 20〜30代の“非処女”の女性370人にとったアンケートによると、77人もの女性が「2年以上性交渉をしていない」という衝撃の結果が!

つまりセカンド処女率が21%!5人に1人が当てはまることに……。

■セカンドバージンとセカンド処女は全然ちがう!それぞれの違いとは……?

セカンド処女と聞くと、現在月9ドラマ『デート』にも出演中の長谷川博己の出世作、NHKドラマ『セカンドバージン』を思い浮かべる人も多そう。

セカンドバージンとセカンド処女の違いとは一体!?

“セカンドバージン”とは、アメリカ合衆国のキリスト教信者の間で、性交渉を経験し、過去に純潔を失っているものの、「結婚するまで性交渉をしない」という誓いを立てて、再び人生のスタートを切った人を指すとのこと。

つまりセカンドバージン=「相手がいて、やれたとしてもヤラない」という意味。

一方の“セカンド処女”=「相手がいなくて、やりたくてもヤレない」ってことなのか……!

そこで20〜30代の「2年間性交渉をしていない」と公言している女友達3人に絶交覚悟でヒアリングしてみた。全員、彼氏が居そうなのにいない方々である。

■セカンド処女に聞いてみた!

「普通に男友達と飲んだ時に誘われたりするけど、ちゃんと好きな人じゃないとできない。『セックスをしてみたいって』興味があった処女のころとは違って、経験したからこそ慎重になってる。妊娠したら結婚しなきゃって思うし」(23歳・アパレル)

……す、すいません。将来をしっかり考えた上の選択だったとは。次は結婚目前で彼氏と別れ、2年間セックスレスのアラサー女性。

「ほんとに仕事が忙しいし、いまは仕事が一番大事だからあんまりしたくない。それに元カレがすごい上手で、別れた後に他の人ともしてみたけど全然ちがう。理想のセックスのイメージを崩されたくない。時々一人でしちゃうくらいだから。(笑)元カレから連絡きたらゼッタイやっちゃうけど」(28歳・映像製作会社)

セカンド童貞の筆者にとっては赤面もの……。最後にこんな意見も紹介。

「してなさすぎて怖い。もうちゃんと出来ないかもしれない。次する時ははじめてだと思ってして欲しいくらい。処女って言おうか迷ったこともあるけど恥ずかしいし……セカンド処女って言葉便利だよね。(笑)」(24歳・保育士)

たしかに草食系男子にしろ、負け美女にしろ、人のタイプごとに分類してくれる言葉は便利で、当てはめることで仲間がいる意識に悩んでいた気持ちが救われる場合も多い。しかしこのようなカテゴライズは指標であり、当たり前だが、10人10色の“エッチをしない理由”がある。

肩書きや分類より、目の前のその人の事情や性格を見てくれる男性に出会って、一般的なタイミングに惑わされず、唯一無二の素敵な恋愛をして欲しい。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス