記事提供:しらべぇ

■脱毛化する日本

スマホ画面上で「両ワキ脱毛コース○○円!」というバナー広告を目にしたことはないだろうか。戦前は女性でも生やし放題だったと言われるワキ毛だが、ここ50年ほどは処理していることが一般的だ。

また、近頃は女性だけではなく、男性でもワキ毛やすね毛を処理している人も少なくない。脱毛サロンにはワキ毛だけではなく、腕やスネはもちろんのこと、好みに合わせた細かいパーツごとの処理コースが設けられている。

それら体毛のなかで、ひときわ存在感を放つと考える人も少なくないのが陰毛だ。デリケートゾーンの処理をしている人がどれくらい存在するかご存知だろうか。以下の調査結果をご覧いただきたい。

【男女1500人】あなたは陰毛の処理をしていますか?

処理している:18.5%
処理していない:81.5%

アソコの毛を処理している人はおよそ2割。さらに男女別に見てみたところ、以下のような結果となった。

【男女別】陰毛を処理している人の割合

男性:9.5%
女性:27.5%

■30代女性の44.0%がデリケートゾーンはツルッツル!?

女性のほうが圧倒的に陰毛を処理している人が多いという結果に。さらに陰毛処理済みの女性を年齢別に分けてみると、20代女性が39.3%、30代女性が44.0%と比較的若い年代の女性がデリケートゾーンの処理をしていることが判明した

その割合はおよそ4割にも及んでおり、決して少ない数字とは言えないだろう。

現在アメリカで国際関係学を学ぶ留学生Tさん(22才・女性)によると、アメリカの若い女性の9割以上は当たり前のように陰毛処理しているとのこと。

東京表参道が震源地となり一大ブームを巻き起こしたパンケーキや開店時には大行列ができたブルーボトルコーヒーなど、海外で流行しているものが日本でも受け入れられるケースが少なくないが、デリケートゾーンの処理もこうした海外からの影響が少なからずあるのかもしれない。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年2月13日(金)~2015年2月16日(月)
対象:全国20代~60代 男女計1500名

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス