盲目のアーティスト「ジョン・ブラムブリット」

出典 https://www.pinterest.com

米・テキサスに住むジョン・ブラムブリットさん。

彼は幼い頃から病を患っており、その影響で29歳の時に失明し、全盲となってしまった。

人生に絶望してしまったジョンさんだが、好きだった絵を描く事により希望を取り戻していったという。

今では1000色以上の色彩を自在に操り「全盲の天才画家」と呼ばれている。

個性的な色彩は見る者にインパクトを与える。

そんなジョンさんの作品をご紹介します。

見事なこれらの作品、一体どうやって描いてるのか?

出典 YouTube

目の見えないジョンさんが、なぜこれほどまでに見事な作品を描く事が出来るのか?

彼は「触覚」をフルに活用し、作品を描いている。

カンバスに接着剤で下書きをして凹凸をつける、絵の具はチューブにある点字で判断するというが今では触っただけで色がわかるという。

ジョンさんは視力を失った代わりに触覚が発達したのかもしれない。

「今の人生は色で溢れている」

出典 http://tinasart.net

ジョンさんの作品は、この数十年間で数々の賞を受け、メディアにも取り上げられた。

「目が見えなくなる前は、盲目の世界は別世界だと想像していました。でも実際になってみると、そう変わりません。目が見えなくなる前よりも、かなり多くの事ができています。今の私の人生は、以前にも増して、色で溢れています。」

出典 http://www.terrafor.net

この記事を書いたユーザー

ハイエナさん このユーザーの他の記事を見る

動物、自然、三面記事。世界のあっと驚く事や感動的な事などをテーマに取り上げてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス