インド東部ビハール州の複数の学校で行われている進級試験で、保護者ぐるみの大規模なカンニングが発覚し、22日までに生徒約600人が退学処分となった。

試験は、前期の中等教育を終える生徒(日本の高校1年に相当)が対象で、17日から1週間の予定で行われている。合格しないと進学できないうえ、地元の役場に就職しようとする際にも影響するという。

地元テレビが19日、大勢の保護者が校舎の壁をよじ登って生徒に窓越しにカンニングペーパーを渡す映像を放送し、国内で批判が高まっていた。学校には監視役の警察官が配置されていたが、保護者を制止することはなかったといい、州政府は警察官を逮捕して賄賂の受け取りがなかったかなどを調べている。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

壁から親たちがカンペをパスする光景

出典 http://www.bbc.com

これは衝撃的!まさに命がけなのです・・・

こんな風に堂々と行われているカンニング。先生や警察だって出てきても良いのに、学歴社会のインドでは取り締まるのも難しい様子。賄賂問題もあるようで、賄賂を渡されると取り締まりもできないのかもしれない。

インド北部ビハール州で、試験を受けた生徒約520人が、家族などの手伝いを受けてカンニングしたとして退学処分となった。複数の地元メディアが20日、伝えた。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

大量のカンニングペーパー

出典 http://whats.be

堂々とカンニングする様子

出典 http://www.bbc.com

出典 http://www.bbc.com

世界中のメディアも、珍しさと衝撃から取り上げられています。

カンニング防止作戦

出典 http://takuhirokosa.com

いくら何でも、この方法だと問題に集中できません・・・もっと他の方法があるのではないかと思うのですが・・・

こちらもおすすめです

この記事を書いたユーザー

Juillet このユーザーの他の記事を見る

海外在住のフリーライターです。色んな経験と発見をもとに記事を書いていきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス