「日本のサグラダファミリア」「日本の九龍城」「軍艦島マンション」。そんな数々の異名を持つ建築物が、四国・高知県にあります。

その建築物の名前は、「沢田マンション」。ある夫婦による(のちにはその子どもも参加)セルフビルドの集合住宅です。しかも驚くことに、彼らは建築に関しては全くの素人。

インディーズ建築の世界奇産!

増改築を繰り返すことでまるで迷路のような状態に。ひとつとして同じ間取りの部屋がないことも特徴。

夜間のライトアップもなかなか綺麗ですね。

まるで迷路のようなエコ(?)建築

幼少の時に、雑誌でみたアパートに感動した沢田嘉農(さわだ・かのう) さん。1971年、彼が44歳の時、550坪の土地を購入してから、このアパート作りに着工しはじめたとのこと。

建築といえば設計図が欠かせないイメージがありますが、この通称「沢マン」、なんと設計図が存在しません。設計図は沢田さんの「頭の中」にあるそうです。

はじめは「10階建て・戸数100戸」という構想だったそうなのですが、現在は、「地下1階地上5階建て(一部6階)・戸数約60戸」という状況に落ち着いているよう。

「屋上緑化」や「壁面緑化」といったコンセプトも実現されています。屋上などには、ウサギや鶏、そして犬などの動物たちも。なんとなくエコロジーな感じも醸し出されていますね。

増改築を繰り返すことで、まるで迷路のような状態に。ひとつとして同じ間取りの部屋がないことも特徴。

4階部分には、なんと25坪の池が!鯉やブラックバスが釣れるそうです。もともとはプールになる予定だったみたい。

国内外の有名アーティストも注目!

建物内では、ギャラリーなども併設。また、大規模な「沢田トロリンナーレ」なるアートフェスティバルまで開催されています。国内外からの注目度も高く、多くのアーティストたちが訪れる有名な観光地にもなっているのです。

あの奈良美智さんも来られているようですね!

これがアートフェスティバル「沢田トロリンナーレ」のフライヤー。3年に一度、開催されるようです。流行りの地域アートっぽさもたまりません。

家賃は2万円代から5万円代が中心だそう。旅行先として訪れてみたり、高知に暮らす時には住む場所の候補に入れてみるとどうでしょうか?そこではきっと、「沢田スピリット」に触れることができるはずです。

この記事を書いたユーザー

insiderivers このユーザーの他の記事を見る

ライター&キュレーター。旅とWebとCultureと。文学的感性を携えて、世界中のあらゆる面白いものを発見・紹介していきます。
Twitter ID:@insiderivers
Personal Blog:http://insiderivers.com/
Review Blog:http://miraikairo.com/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス