記事提供:子どものこころが穏やかに育つ魔法の育児法


今4歳のゆうちゃんが、新生児の時、長いトンネルにいるみたいだった。

ゆうちゃんは本当に寝ない子で、夜中は15分や30分おきに泣いて起きたので

毎日毎日眠れなくて常に頭がぼーっとして

ゆうちゃんの泣き声を聞くと、ビクッと体とこころがこわばるのが自分でわかるくらいに、ゆうちゃんの泣き声がするのがこわかった。

泣いてるゆうちゃんを抱っこしながら、暗い部屋の中をうろうろ歩き回って

それでも眠くて眠くて、眠っちゃダメだって、壁に自分の頭を打ち付けたりした夜もあった。

いくらゆうちゃんが泣いていても、まったく起きないパパちんにイライラしたり

いびきかいて寝ているパパちん見て、泣きやまないゆうちゃんを抱きながら、途方にくれて涙が出たりした。

仕事で疲れてるパパちんに助けを求めちゃいけない気がしたし

ママは自分なのに、自分一人でお世話ができないことは、なんだか許されないことのような気がして(今思えば完全な独りよがりだったんですが)

うまく甘えることができなかった

勝手に独りだと思い込んで

勝手に独りで戦ってた

眠れない毎日と、うまく替えられずに何度もおしっこやウンチが漏れてしまうオムツ。

吐き戻しで1日何回も着替えさせる洋服。

1人でお風呂にも入れていたので、脱衣所で大泣きしているゆうちゃんの泣き声を聞きながら慌てて入るお風呂。

化粧どころか化粧水すらゆっくり付けることもできず、そして進まない家事。

さらに前職の仕事が激務で、毎日夜中の2時に帰宅のパパちん。

こんな毎日 いつまで続くのかな


早く終われ

早く終われ


お願いだから早く大きくなって

って

生後3ヶ月くらいまでは、そればかり考えていた

今2歳のおーちゃんが新生児の時は、ゆうちゃんよりはまとめて2~3時間寝てくれる子で

おっぱいさえ飲めばまたすぐに寝てくれたので、本当に助かったけど

それでも、夜中帰宅のパパちんに頼れずに、1人で2人の子どものお風呂や寝かしつけが慣れるまでなかなか上手く出来なくて

眠る時は抱きしめて、いっぱい甘えさせてあげたいのに、それが出来ずに、ゆうちゃんにさみしい思いをさせてる自分が許せなくて

かといって

ゆうちゃんのことを先に寝かしつけしようとすると、泣き続けて声が枯れてしまってるおーちゃんの泣き声が、狭い部屋中に響いて

泣いているのに相手をちゃんとしてあげられていない自分が許せなくて

泣いてるおーちゃんのお世話をしている間に、眠くて泣き出すゆうちゃんにイライラしちゃったりして、

おーちゃんもゆうちゃんも泣き止まないまま、泣きながら1人で眠ったゆうちゃんを見て


なんでうまくいかないんだろう

なんでうまくできないんだろう


早く大きくなって

早く 早く


早くこんな夜終わって


って

おーちゃんを抱きしめながら、泣いて眠ったゆうちゃんの側に座り込んで、子どもみたいに声を出して1人で泣いた夜も、何度もあった。

ゆうちゃんの時も、おーちゃんの時も、もちろん可愛いと思っていたけれど、夜泣きがおさまるくらいまで、本当に毎日が必死の連続で

ゆっくり、こころから“可愛い”とは思えていなかった気がする。

そして、もうすぐ2ヶ月になるトウくん。

日中は1日中抱っこで、寝たと思ってベッドに寝かすと、5分もせずに起きるので、家事もトイレも、ゆうちゃんとおーちゃんの遊び相手も、トウくんを抱っこしたまま。

夜中は3時間おきの授乳、夜中に替えるオムツは3~4回。

おかげで、毎日寝不足で頭痛。

抱っこしながらの洗濯物や掃除で、腰も肩もバキバキ。

トイレだって、途中で起きたらゆっくりなんて入ってられないし

揺れがなくなると泣いてしまうので、飲み物だって立ってゆらゆら揺れながら

食事も片手で簡単に食べられるパンが多い

そんな毎日。

でも

でもね

こんな毎日だけど


こんなあなたが

可愛くて可愛くて 仕方ないの


1人目、2人目の時には

苦しくて 苦しくて仕方なかった。

生後3ヶ月までの毎日だったけど

今回だって

同じように寝不足だし、体中痛いけど

それでも

あなたのことが

愛しくて愛しくて 仕方ない

3人目の余裕3人目の慣れううん違うのそうじゃない


3人目だから分かること3人目だから気付けたこと

ううん


違うの


そうじゃない

3人目だから分かること


3人目だから気付けたこと

このあなたとの時間は

あっという間に終わってしまうものなんだ

ということを

私は知ってるの

1日1日成長しているあなた

今日のあなたに明日には会えなくなることを私は知っているの

寝返りを打てるようになったら、寝返りを打てずに短い足を一生懸命バタバタしていたあなたにはもう会えない。

お友だちと遊べるようになったら、人見知りが激しくて少しもママの側を離れず、ママにしがみついて泣いていたあなたにはもう会えない。

その小さな足で一歩、また一歩と歩けるようになったら

ハイハイで後追いをしてママが入っているトイレの前でわんわん泣いていたあなたにはもう会えない。

おしゃべりが上手になったら、「大丈夫?」のことを上手に言えずに「あぶー?」と言っていたあなたにはもう会えない。

走り回る楽しさを知ったら、抱っこが大好きで、いつでもどんな時でもパパやママに抱っこをせがんでいたあなたにはもう会えない。

自分のことを1人で何でも出来るようになったら、1人で靴を上手に履けなくて出かける前、いつも玄関先でママを困らせたあなたにはもう会えない。

どんなに会いたくても、もう会えないんだ

それを私は、ゆうちゃんとおーちゃんを育ててきて、知っている。

あんなに早く大きくなって欲しいと思っていたのに、子どもの成長は何より喜ばしいはずなのに

こころの中で

子どもの成長をさみしく思う自分もいる。

繰り返される同じような毎日でも、同じ日なんて本当は1日もなくて、今日もあなたは成長していて

昨日できなかったことが出来るようになり、今日できなかったことが明日にはできるようになる。

そしてできなかった時には戻らない、昨日のあなたには二度と戻らない。

どんどん、どんどん大きくなって、気づいたらママのこの手を離れていく。

ママを困らせるくらい、ママをイライラさせるくらい、子どもが全身でママの両手を求めてくれる時期なんて

80年の人生の中でほんのわずかな

瞬きするくらいに一瞬のことだということを

私は知ったんだ。

小さな耳も

薄い爪も

背中のうぶ毛も

甘いにおいも

あなたの泣き声だって


すべてが奇跡みたいな一瞬で


もう二度と、今日のあなたには会えないことを

私は知っているんだ。

だから、今日のあなたに伝えたいの


ママは


今日のあなたが大好きだって


あなたが今のあなたでいてくれるのも


あとわずかな時間しかないって


ママは知ってるよ。

そしてその先に

信じられないくらいに

楽しくて

幸せで

可愛くて

穏やかで

くすぐったくて

たまにイライラもする。

そんな

愛しくて涙が出るような、あなたとの毎日が待っていることを


ママは 知っているよ


だから泣いていいよ。

本当のこと言うと

寝てくれたらもっと嬉しいけどね


でも


泣いてもいいよ。


今夜も

お砂糖入れたあまーいホットミルク用意して

腹をくくって

あなたに

とことん付き合うよ。

0歳 1歳 2歳。。。

子どもが何歳であろうと

今日の子どもには、今日しか会えません。


どうか今日という日を大切に。。。

今日の子どもたちを抱きしめて

大好きをたくさん伝えて過ごしていけたら

と思っています。。。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス