思い出や成長を残すもの。

写真とは、子供の成長を残すことができるものです。

子供の成長は早く、一瞬一瞬は振り返ってみるとあっという間ですが、その一瞬を写真に残すことができると、振り返って懐かしくなることができますので、成長には欠かせない大切なデータとなるのです。

スマホでも気軽に写せます。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

最近ではスマートフォンを持っている人も多くなっており、気軽にデジカメのように写真を写すことができますので、瞬時に撮影が可能となり、子供の様々な表情を写すことができるようになったのです。

カメラを持ち歩いていないという人も、スマートフォンで残しているという両親も多いのではないでしょうか。

では、大切なお子さんの写真を上手に写せる方法を見ていきましょう。

1. 一眼レフ、ミラーレスを一家に一台持つ。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

最近のカメラは高性能の物が多いので、オートで撮影をしてもそれなりにプロっぽい写真が撮れるのです。背景をぼかすことができたり、写真の色合いを好みに変える事が出来たり、何よりも画素数が高いので、引き伸ばしても鮮明な写りを保つことができるのです。

スマホの写真では、引き伸ばすと荒くなってしまいますので、貴重な思い出の写真はちゃんと性能の良いカメラで残すことをおすすめします。

2. ローアングルで撮影をする。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

下から覗くように撮影をするローアングルは、子供をより身近に撮ることができて、背景の空がより広く見えるのです。子供がより逞しく見えますね。

全身を写すことにより、子供の成長を感じる事もできますので、オススメです♪

3.カメラ目線ばかりではなく、自然な表情を。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

カメラ目線で定番のピースをした写真ではなく、子供のふとした表情を残してあげるのも新鮮でいいですね。望遠レンズがあると遠くから写すことができますので、カメラを向けている気配を察することなく、ナチュラルな写真が撮れますよ♪

4.逆光で撮る

出典 http://www.gettyimages.co.jp

逆光とは、子供の背中側に太陽がある位置で撮影をする事です。逆光で撮ることにより、子供が日の光に眩しい顔をするという事がありませんので、いい表情をしてくれる可能性が高いのです。カメラの設定によっては真っ暗な写真になってしまう心配がありますが、ストロボを使ったり、露出補正をプラスにすることにより、解消することができるのです。

5.とにかく連写をする!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

子供は動きが素早く、ブレてしまったり、半目になってしまったり、いいアングルなのに写りのいい写真がない!とショックを受けてしまう事もあるでしょう。そういった悩みを解消する為に、連写で撮影することをおすすめします。

一瞬のいい表情を押さえる事もできますので、お気に入りの一枚が残せるのではないでしょうか♪

出典 http://www.gettyimages.co.jp

いかがでしたでしょうか。

子供の成長は本当に早く、1年後には見違えるほどに成長をしているものです。その為、貴重な今を残す為にも1枚でも多く可愛い子供の写真を残していきたいですね♪

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス