以前、職場でのマタニティハラスメントをSpotlightでも紹介しましたが、妊婦さんを取り巻く環境は、職場以外でも厳しくなりつつあります。

産後に子どもを連れて外出する際に、電車やバスなどの公共交通機関で肩身の狭い思いをしたという話をよく耳にしますが、小さなお子さんをもつママだけでなく、妊婦さんまでもが外出時に不愉快な思いをしたり、時には身の危険すら感じるような場面に遭遇することも少なくないそうです。

そこで今回は、妊婦さんへの嫌がらせについて紹介したいと思います。

マタニティマークを付けると危険?

出典 http://www.twr.co.jp

妊婦さんの荷物などに付けられているマタニティマーク。妊娠初期で分かりづらい場合も妊婦さんだということが分かるように、また妊婦さんが倒れた場合などに適切な処置を行えるように、という目的で制定されました。

しかし、このマタニティマークを付けて嫌な思いをしたり、時には危険な目に遭ったという妊婦さんが少なからずいるというのです。一体、どんなことが起きているのでしょうか。

妊婦さんのお腹を押したり、罵声を浴びせたり…

出典 http://www.gettyimages.co.jp

目眩や吐き気もする中、ようやく空いたと思ったら近くにいたおじさんが押し退けてきて座りました。

その際にお腹が圧迫され、腹痛も感じるようになりました。

次の駅で隣の席が空いたので座り、優先席だけど…と思いつつ、近くに住む実家の母に迎えに来てもらうようにメールしようと携帯電話を出しました。(バスで帰る予定でしたが)

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

するとそのおじさんが「優先席だろう!携帯を使うんじゃねぇ!」と。

私は「妊娠していて体調が悪く、連絡が必要なので申し訳ないですが連絡をさせて下さい」と言っても聞く耳を持たず。

その後も「馬鹿が、あほが。妊婦が何だ」と言われ続け。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

この投稿は2010年のものです。5年も前から、妊婦さんに対する嫌がらせは起きていたのですね…。

この他にも、嫌がらせを受けた妊婦さんの声はたくさんありました。

産院で「着けないように」という指導をされるとは…。

なぜマタニティマークを付けているだけで、理不尽な嫌がらせをされるのでしょうか。マタニティマークに否定的な意見を見てみましょう。

上記のように「妊婦なんだから席を譲ってもらって当然」と全ての妊婦さんが思っているわけではありません。しかしながら、一部にはそういった方もいるのでしょうね。

また、妊娠さんを好意的に受け止められない方の存在も、Twitterでは言及されていました。

こちらも全ての方に当てはまる訳ではありませんが、妊娠しにくい方などには辛く感じることもあります。だからと言って、嫌がらせをして良い理由にはなりません。多くの妊婦さんは、決して妊娠していることを自慢しているわけではないのです。

そして、マタニティマークを悪用した許しがたい行為が、一部の心無い人によって行われていました。

妊婦さんに「なりすます」人がいる

出典 http://www.gettyimages.co.jp

信じ難いことなのですが、マタニティマークをオークション等で入手し、妊娠していないのに妊婦であると装い、席を譲ってもらおうと企む人がいるのです。

毎朝の通勤電車の事です。大体同じ時間に電車に乗るのですが、その車両に約1年程前からなのですが、妊婦さんが乗ってこられるようになりました。(妊婦さん用のキーホルダーがバッグに付いています)

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

しかし不思議な事にそれから3ヶ月経っても6ヶ月経ってもお腹が大きくならないのです…(その間近くにいれば席を譲っていました)

いつも同じ車両に乗っているメンバーも声には出しませんが、何となく気付いていたようで、席を譲る人間が減っていき、1年経った頃には何人かの固定メンバーは誰一人譲らなくなりました…

出典 http://komachi.yomiuri.co.jp

妊婦さんに対しての思いやりを踏みにじる行為であると共に、他の妊婦さんへ疑いの目が向けられたり、心無い中傷を助長しかねません。

マタニティマークは、母子手帳と一緒に渡されたり、雑誌の付録などに付いてきたり、入手経路が様々で回収などのルールがきちんと決まっていません。こうした運用ルールを徹底すべきという意見も見られました。

もちろん、こうしたなりすまし行為をする人もごく一部であり、「席を譲ってもらって当然」という態度を取っている人こそ「なりすまし妊婦」なのでは?という憶測もネットでは見られました。

理由はどうあれ、妊婦さんに対する嫌がらせ行為は許されるものではありません。多くの人は、マタニティマークを付けることによる嫌がらせに怒りをあらわにしています。

おわりに

出典 http://www.gettyimages.co.jp

マタニティマークを付けることに、マイナスイメージを持つ女性が大変多いことに驚きました。マタニティマークは、周囲が一目で妊婦さんと識別し、不測の事態でも適切な処置や配慮を可能にするためのものであり、決して妊婦であることをアピールし、優遇されようと思って付けているものではありません。

このことを我々が今一度理解することが、妊婦さんが交通機関を安心して利用できることに繋がるのではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス