やっぱり子どもが喜ぶのはこれ!パンダちゃん!!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

ということで、上野動物園に親子でパンダを観たり、モノレールに乗ったりすることを目的に出掛けてきました。子どもはレッサーパンダは江戸川区の行船公園や市川市立の動物園、有名な千葉県立の動物園等で観たことがありますが、ジャイアント・パンダは初めてとあって、大変盛上りました!!

愈々到着です!!ワクワクしますね!!

出典 http://www5f.biglobe.ne.jp

季節が良くなってきて若干入場も混雑していますが、毎度のこと、ここに並ぶのはワクワクします。これからどんな動物たちに逢えるのかな?子どもとどんな楽しい想い出が作れるのかな?

日曜日って、いいなぁ。。。と心の底から思える家族水入らずの休日の始まりです。

しかし、マジか!!!!!

出典 http://hi-net.air-nifty.com

動物園のみならず、美術館や博物館などでこの界隈に来ても、筆者は漏れなく購入し続けた、動物園入口右側の売店のポテトフライが無期限製造中止に・・・・TV番組などでも絶賛された揚げ時間が短くて直ぐに出来たての非常に美味しいポテトフライなんです・・・

筆者、出鼻を挫かれ、大変なショックの中、入場券を買いに行きました。。。(笑)因みに、この売店の自家製ポップコーンもとても美味しいので、。今回はそれを購入。しかし、ポテトフライ再開を強く望みます!

入場した右側直ぐ、早速ジャイアント・パンダのコーナーです。

出典 http://www.gettyimages.co.jp

今回は25分並びました。天気が良く季節が良い休日は時間帯によっては1時間以上の列になると聞いています。やっぱり、パンダはとてもかわいいです。観ていると癒されます。パンダのリュックを背負って動物園に入った子どもも、初めて見る本物のパンダに大喜びでした!!

その後は、鳥類・ライオン・トラ・ゴリラなどを観ました。

出典 http://zookiss.exblog.jp

ジャイアント・パンダを観た後、左手に五重塔、正面にゾウという流れになりますが、筆者家族は一番右側に沿って歩き、カワウソ・フクロウ・ワシ・タカ等を観て、ライオン・トラと進みました。

そして、動物園の人気者、ゴリラです。親子のゴリラを観ることが出来ました。動物たちの生活に配慮してなのか、覗き穴のようなところやそんなに大きくない窓から見るような見学コースになっています。幸い筆者家族が観た際には、大きく動くシーンがあり、子どもも大喜びでした。

続いては豊富なラインナップ!バードハウスを観る!

出典 http://ameblo.jp

多種多様な鳥類を見学することが出来ます。子どもの反応はむしろなかなか動きの少ない動物よりも、分かりやすいようで、こちらの鳥類には随分時間を割きました。

そして、こんな感じのランチ!!

出典 http://zookiss.exblog.jp

筆者家族は、藤棚休憩所で昼食をとることにしました。ベンチなど腰を落ち着けるところが空くのを待つようですが、どうにか席をゲット!上記写真のランチの売店で、おにぎりや、写真には無いですが焼きそば等を子どもに、筆者は生ビール等を頂きました。

持ち込んだお弁当や、近所で買ってきたものを食べることも出来ます。敷物があれば引いても良い場所もありそうです。

子どもにはパンダの次に重要なこれ!!

出典 http://blog.gomi.info

そうです、モノレールですね!!上野動物園と言えばパンダとモノレールという方も多いと聞きます。筆者家族も、約20分待って乗りました。実は筆者、この動物園には何回も来ていますが、モノレールに乗った記憶がありません。なので、子どもと一緒に初めての動物園モノレール体験になりました。

外の人たちに手を振りながら乗ること約1分半。。。終わりです・・・う~~む、短かっ!あっと言う間過ぎて泣き出してしまう子どももいるとか。

折角広い動物園なんですから、もう少し周遊して欲しい感じの枯渇感を残しながら、今度は降りて乗っている人に手を振ります。そういった時間を親子で過ごすことも、また生涯忘れられない思い出になるんだろうなぁと、幸せな感覚に浸ります。

小獣館も侮れない。

出典 http://harady.com

メガネザル・ノネズミ等が飼育されている、小獣館に入りました。もしかしたらスルーされがちな場所にありますが、モノレールの後は是非!!ヤマネコ(写真)等も可愛いです。思いの外見ごたえのある内容に親子で感動しました。

都内では上野にしかいない。アイアイ!!

出典 http://kashaco.com

動物園散策も最終地点に近づいてきました。こども動物園でウサギなどと触れあったり、ペンギンを暫く眺めて、キリン・サイ・オカビ等を観たりして、アイアイの住む森ゾーンに入りました。

アイアイはマダガスカル出身の夜行性動物ということで、暗い建物の中での鑑賞となります。非常に貴重な経験を親子ですることが出来ました。

子どもにお土産を買って帰ります。

出典 http://yaplog.jp

今日書ききれなかった動物たちもいっぱい見ました。子どもも大人も大満足。楽しかった日曜日の親子の想い出に、アルバムのページを増やすことが出来ました。パンダのリュックを背負っていった息子にパンダの小さい縫い包みを購入し、そのバックに付けてあげました。とても喜ぶ息子の姿に筆者も嬉しくなります。

筆者は自分の為にタオルを買いました。使うたびに上野動物園の家族で過ごした楽しかった日曜日を思いだして頑張ろうと思います。最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス