将棋は難しいので子ども用に「簡単な将棋」を販売したら、大人が夢中に!

かわいらしい絵と少ない駒、マス目も少なくものすごく簡単になっているルールは基本的に「将棋」と同じです。ですが、子供用と侮るなかれ!意外と難しく奥が深いので、大人がハマってしまいます(笑)

どうぶつしょうぎとは?

盤面3×4の計12マス、駒8枚の小さな世界でくりひろげられる、まったく新しいタイプの将棋ゲーム。 簡易将棋と思いきや、その内容は本格的で奥が深く、こどもから大人まで幅広く楽しめる内容。

出典 http://www.amazon.co.jp

対象年齢が4歳からというのがポイントです!将棋はルールが難しいですが、どうぶつしょうぎはコマがどの方向に進めるのか?が「赤い点」で記されています。

「赤い点」がある方向だけ進むことができる。進行方向が見て分かるというのが、遊びやすさのポイントです。

どうやって遊ぶの?

1.相手の「ライオン」を先につかまえたほうが勝ち!! 

2.自分の「ライオン」が、相手のエリア(空か森)まで先にすすめたら勝ち!!ただし、すすめてもすぐに「ライオン」がつかまってしまう場合は負けです。

☆「ライオン」をつかまえたときは『キャッチ!!』相手のエリアまで無事にすすめたら『トライ!!』と言いましょう。

出典 http://www.joshi-shogi.com

はじめに一番上の画像のように並べて「先手」を決め、赤い点がある方向にコマを進めます。

独特なルールでライオンが相手の陣地の一段目に入っただけで「勝ち!」となるルールです。やってみるとわかるのですが、このルールの所為で「あっ!」ということが何度もあります(笑)

コマを裏返すことができるのは、ひよこだけ。ひよこは相手の陣地に入ったら、ニワトリに成長し進行方向が増えます。

コマ数が少ないからこそ簡単なのでルールもすぐに覚えることができ、小さなお子様でも夢中になって遊べます。

相手をする大人も【相手のライオンを取る&相手陣地1段目到達ルール】のために非常に頭を使うので、楽しめますよ!

アプリでも販売されていました!すぐに遊べるぞ!

ごろごろどうぶつしょうぎコマと枠が少しだけ増えたバージョンもある!慣れてきたらチャレンジだ!

出典 http://www.amazon.co.jp

どうぶつしょうぎをした後だと、少々コマと枠が増えただけといっても「難しくなる」のは想像しやすいと思います。小さな将棋で、かわいいイラストですが、その実態は「知能プレイ!」が炸裂します。やりすぎると頭痛がするくらいに、ハマります(笑)

将棋と同等にコマ数を増やした「おおきな森のどうぶつしょうぎ」もある!

遊びの種類は下記の4種類。ステップをふんで将棋を覚えよう!

①まわりしょうぎ

②ライオンおにごっこ

③あおぞらしょうぎ

③本将棋

出典 http://www.gentosha-edu.co.jp

絵を見る限り本来の将棋とほぼ変わらないルールで遊べるタイプに成長しています。コマの方向をわかりやすく、赤い点で示しているので覚えやすく子どもに受け入れやすいデザインとなっています。

ただ、やはり難しいです・・・。やってみたのですが、赤い点があったとしてもルールが複雑になりますし、いきなり「どうぶつしょうぎ」から「おおきな森のどうぶつしょうぎ」は理解が厳しい面もありました。

お子様へのプレゼントであれば、コマ数と枠数を徐々に増やしていくほうがいいかもしれません。大人でも難しいと感じました(というか、理解できなかった・・・)

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス