4月から社会人ライフが始まる人もいると思いますが、入社式の準備はお済みですか?入社式の服装や、髪型、マナーなど、基本となる部分を押さえて入社式に備えたいですよね!?そこで、今回は、入社式までに必要なビジネスマナーについて、男女別にお伝えしたいと思います。

入社式に相応しい服装とは?

【男性の場合】

入社式の男性の服装について、スーツの着用が一般的となっています。スーツの色は、黒・グレー・紺などの無地で、落ち着いた色を選択するとよいでしょう。ワイシャツの色については、基本的に、ホワイトがふさわしいですが、薄いブルー・グレーなどでもいいでしょう。ネクタイはスーツに相応しいものを選びましょう。

【女性の場合】

女性の服装も男性と同様、スーツの着用が一般的です。パンツスーツよりも、スカートの方が好ましいでしょう。ワイシャツの色は、ホワイトにし、ワイシャツのボタンは、首元まできちんと閉じましょう。また、パンプスはヒールが高くないものを選び、ピンヒールにしないように注意しましょう。バッグは黒などの落ち着いた色を選び、アクセサリーも付けないように心がけましょう。

よく、入社式の前に新しいスーツを新調する人もいますが、落ち着いた雰囲気のリクルートスーツは入社式向けといえます。どうしても、スーツを新調したい場合は、入社後、会社の先輩方の服装を参考にしてから購入する方がよいでしょう。

では、続いて、入社式の髪型についてもお伝えしたいと思います。

入社式の髪型について

就職活動を終えて、髪型を変えた人もいるのではないでしょうか?しかし、目立つような茶髪は、社会人としてマナーが問われるところ。髪の毛の色は、黒か自然な茶色くらいがよいでしょう。

男性の場合は、短髪で爽やかな髪型にするように心がけましょう。女性の場合は、ロングヘアやミディアムヘアであれば、髪の毛を1つに束ね、お辞儀した際に髪の毛が顔にかからないように整えましょう。また、ヘアアクセサリーなどはせず、落ち着いた雰囲気になるようにしましょう。

では、続いて、入社式でのマナーについてもお伝えしたいと思います。

入社式のマナーとは?

今は誰でもスマホを持っていると思いますが、入社式中にスマホが鳴りだしたら、せっかく身だしなみは整えても、初日から、良くない印象を与えてしまいます。入社式は入学式ではありません。気を引き締めて、入社式前にスマホの電源はあらかじめマナーモードにしておきましょう。

また、入社式後には、部署ごとにオリエンテーションを行う場合があります。先輩が説明している際は、きちんとメモなどを取るようにしましょう。そのため、筆記用具も、きちんと準備しておきましょう。

さらに、社内で人とすれ違う際には、笑顔で挨拶をしましょう。社会人は挨拶ができて当然なのです。そうはいっても、もっとビジネスマナーについて、ポイントが知りたいという方に、おすすめの動画があるので、そちらについてもご紹介します。

知っておきたい!ビジネスマナーのポイント

新倉かずこのビジネスマナー講座1「マナーの大切さ」

出典 YouTube

マナーコンサルタントの新倉かずこさんの、日頃の生活やビジネスの場面で役立つ、ビジネスマナーについてのポイントを動画で視聴できます。新倉さんいわく、マナーを身につければ、自分を一生助けてくれる財産となり、自信がもてるようになるそうです。

<ビジネスマナー5か条>

1.挨拶がきちんとできること。

2.表情(笑顔と声)

3.態度(姿勢・お辞儀)

4.美しい言葉使い(敬語の使い方)

5.身だしなみ(美を整える・おしゃれと身だしなみの違い)

なお、こちらの動画は、ビジネスマナー講座1「マナーの大切さ」前編になるため、合わせて後編の動画も参考にしてみてくださいね。後編はこちら

いかがでしたか?新社会人にとって、新しいスタートになる大切な入社式。ぜひ、基本となる服装や、挨拶、ビジネスマナーを参考にして入社式に備えましょう。

この記事を書いたユーザー

Spotlightトレンド編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。最新トレンドに関する記事をお届けします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス