東京や横浜からも見える、一筋の光

近隣の住民からもツイッター投稿が

街の真ん中で光が出ているらしい

武蔵小杉(川崎市)に日本石油の社宅があった場所。

CO TOWER OF LIGHTという名のイベントが期間限定で開催していた

点灯時間は4月12日までで、18時55分から19時までの5分間。

近くでも見てみたいですね。

「この“光のエール”は『COSUGI CONVIVIAL PROJECT』の一環で、武蔵小杉の光が届いたとき、少し手を止めて家族や大切な人を思い出してほしいという願いを込めています。実は19時頃って日本人が最も多く夕食を取る時間で、その時間に投射することで、首都圏で働く人たちは光を見て、いま家族はご飯の時間だなと思い、投射しているほうはお父さんがんばってねというエールを贈ることになる。そういう想いを共有できる時間を作るため、首都圏全体で空間インスタレーションを行っているわけです」

出典 http://www.oricon.co.jp

仕掛け人・成田冠さんの想いが伝わって来るコメントですね。

複数の光が放たれていた

出典 http://www.instagramkusu.com

TOWER OF LIGHT

出典 YouTube

オフィシャルサイトによるプロモーションビデオが公開されました。

この記事を書いたユーザー

のーまん このユーザーの他の記事を見る

公式ライターをしながら、アフロペンギンというキャラクターを描いたり、green drinks kawasakiというコミュニティを作ったり、norman.jpというブログサイトやったりしてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス