サッカーのPK(ペナルティキック)といえば、決めて当たり前と思われているため、外したときのマイナスインパクトはかなりのものです。見ている人の記憶にも(悪い意味で)残り続けるのではないでしょうか…。

最近では、2010年W杯・南アフリカ大会の決勝トーナメント1回戦「日本×パラグアイ」での駒野選手や、2015年アジア杯準々決勝「日本×UAE」での本田選手と香川選手、過去に遡れば1994年W杯の名場面、ロベルト・バッジョ選手のブラジル戦のPKなどなど…。

そんな中、UEFAユース・リーグの準々決勝、ベンフィカ×シャフタール・ドネツク戦でのワンシーン。ベンフィカのロマーリオ・バルデ選手が失敗したPKは、史上最低のPKと語り継がれてもおかしくないくらいのものでした…。

ベンフィカが1-0でリードして獲得したPK。キッカーのロマーリオ選手は、軽い助走からシュートに入るかと思いきや…

出典 Vine

まさかのこの結果…。しかもこの9分後にシャフタールが同点に追いつき、試合はPK戦にもつれ込みます。そしてそのPKは5-4でベンフィカが敗れて準決勝進出を逃してしまったという結末に…。サッカーって…PKって怖いですね。

他にも探してみると結構ありましたww

出典 http://www.gettyimages.co.jp

※写真はイメージです。

エジプトカップ「アル・アハリ×キマ・アスワン」

出典 YouTube

これもひどいですね。

セルビアのスーペルリーガ「チュカリチュキ×ラドニチュキ」

出典 YouTube

これも…

うーーーん…どれも見ていられないですね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス