読書をする事で知識、教養、理解力、集中力、想像力、語彙力、洞察力、落ち着き、感受性、物事を客観的・多角的に見られるなど、いわゆる「知性」が身につきす。これらの知性に限らず、会話の能力も上がっていくようです。

会話やメールなどのやりとり、その場の空気を読むなど、『コミュニケーション力』も鍛えることにもつながる

出典 http://ps.nikkei.co.jp

知識量と言語能力の関係

間の言語能力はそれまでに蓄えた知識量と比例しており、「おもしろいことを言いたい」と思っても、知識の乏しい人はスルスルと言葉が出てきません。

いろいろな本を読むことで、普通に暮らしていたら絶対に関わることのない他人の考え方に触れることができるということです。物事に対する表現は、人それぞれちがいます。

本を読んでいろいろな表現を知っている子は、同じ事柄を何通りにも表現することができます。

出典 http://www.mori7.net

自分の言葉で話すことができる

表現力が豊かになると、話を聞いているひとりひとりに言葉が届くようになります。それは様々な語彙を使用しているのと、自分の考えを的確に表現できるようになるからだといえます。

あの浅田真央選手も…

真央ちゃんは最近読書も趣味にしているようです。ジャンルは「雑学」とのことです。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

最近では読書がマイブームとしたが、具体的な内容については「生活のためになる本」 と話しつつも、「(料理本とか)そういうのじゃないです。大人へ登るために色々と、 ハイ。雑学とか、そういうのを読みます

出典 http://1st.geocities.jp

読書家の佐藤コーチに倣い、遠征先や飛行機のなかで本を読むようになった。さまざまな考え方に触れることで視野が広がり、新たに開ける道があることに気づいたという。

出典 http://ameblo.jp

インタビューでの話し方に知性が感じられ大人っぽくなってきたのは、読書効果なのかもしれません。

読書にまつわるこんな研究成果もあります

読書は子供たちのコミュニーケーション能力に良い影響を与える、という研究成果が発表されました。

米カーネギーメロン大学(Carnegie Mellon University)の研究者らは、8~10歳の子ども72人の脳のスキャンを、6か月間100時間の読書治療の前と後に行った。

集中的な読書治療を受けた子どもは、読書力が向上するだけではなく、 脳内回路が活性化されコミュニケーション能力も向上する

出典 http://www.afpbb.com

忙しい毎日の中でも、時間を見つけて読書する習慣を身につけてみましょう。きっと自分にとってプラスになることがあるはずです。

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス