ピーターラビットが持つ…あの独特の世界観をしっかりと表現しているコチラの絵。これはキプロス在住のイラストレーター”Maria A. Aristidou”さんの作品でして

絵の具の代わりになんと“コーヒー”を使って作品を仕上げるという…前衛的、いや、前衛的すぎるアートなんです!

コーヒーの抽出量や抽出方法で、数種類のカラーを作り出し描かれる『コーヒーアート』。また、絶妙な“にじみ”も上手く利用し、今にも動き出しそうな躍動感を演出。これには本当に感動を覚えます。では、躍動感あふれる”Maria A. Aristo”さんのコーヒーアート。一挙にご覧下さい。

題材は、基本的に彼女が好きな人であったり、好きなキャラだったりとのことですが…それにしても上手く描かれていますよね。

紙の上にコーヒーが溢れた際、偶然にも人に見えた事が作品作りのきっかけとなったと話す“Maria A. Aristo”さん。その後、何度も試行錯誤を繰り返し、現在の作風に至ったとのことですが、単色ではあるものの、ここまで上手く表現するとは…凄すぎです。

身近な飲み物だけに、前衛的なんだけど、どこか親近感の湧く“Maria A. Aristo”さんのコーヒーアート。まだまだ紹介しきれていない作品も数多くありますので、気になる方は彼女の作品…覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス