ソックモンキーとは、かかとが赤く、特に頑丈に作られた靴下ーレッドヒールソックスーを使って作られたぬいぐるみのことで、誕生したのはアメリカ。世界大恐慌のころに、おもちゃがない子供たちに、母親が手縫いで作り始めたところ、全米に広がり、ブームになったそうです。

物がない時代に生まれたぬいぐるみなので、最初は、履き古したソックスに不要の布などを詰めて作られていたそうですが、そのかわいらしさは、時代を超えて愛され、いまでは、レッドヒールソックスに限らず、様々なデザインのソックスと中綿で作られるようになっています。

レッドヒールソックスを使うと、その部分がちょうど口に当たることから、明るい表情に見えるようです。

でも、気に入った柄や色をつかうだけで、作った人らしさが途端に増すという素敵なハンドメイドぬいぐるみというのもソックモンキーの魅力なのでしょう。SNSでは、色鮮やかでかわいらしいモンキーたちがいっぱい。

さらには、モンキーの衣装やアクセサリーを作る方もいて、可愛さ満点です!!

あなただけのソックモンキーを作ってみよう

とってもわかりやすく、ソックモンキーの作り方を公開している動画を見ながら挑戦すれば、初めてでもスムーズに製作できるかもしれませんね。

ソックモンキー が出来るまで♪

出典 YouTube

ake minさんは、ソックモンキーの動画を数本公開されていて、抜群のわかりやすさが魅力です。

あなただけのソックモンキーの作り方

出典 http://sockmonkey-kyoukai.jp

さらに、ソックモンキー協会のサイトでは、印刷用の作り方データを配布しているので、参考にするのもよさそうですよ。

こちらのサイトでは、オリジナルのキットも販売中。

100均セリアでは、オリジナルキットも販売中

作る人によって、楽しみが広がるソックモンキーですが、実は靴下で作るぬいぐるみは、おさるさんだけではありません。

オリジナルのソックキャットを発表しているTomi*さん。作り方だけでなく、孫悟空をイメージした仲間たちすべてをソックスで作った動画を公開しているake minさんなど、作り手さんの数だけ動物の数はあるのかもしれません。

また、100均ショップのセリアでは、初心者でも安心のキットが販売されていて、ソックテディ、ソックバニー、ソックドックといった、バラエティ豊かなぬいぐるみ作りが楽しめそうですよ。

ソックモンキー 西遊記編 本体は靴下で作成

出典 YouTube

岡山でカラーセラピー&クリスタル、AROMA
HAND
FABの
プティグリです。
昨日、セリアに行ってきました。

一時期、ソックモンキーを作るのにはまった時がありました。
こんなのや
こんなのや
こんなの
ソックモンキー用の靴下って結構高いんです。専用のやつは……

東松島を陰で支える『おのくん』

近頃は、ハンドメイドすることを楽しむという側面もあるソックモンキーなので、こちらは少し番外編です。

こちらのカラフルモンキー「おのくん」は、宮城県東松島市「小野駅前応急仮設住宅」出身で、東松島の復興を願って生まれたそうです。一人でも多くの人に、東松島に来てほしいという願いが込められ、現地で手作りされているソックモンキーです。

この「おのくん」が素敵なのは、販売ではなく、里親と言う形で分けてもらえるというところ。まだまだ続く困難な復興への道が少しでも明るく照らされるよう、導いてくれる象徴的なキャラクターとなっていくのかもしれませんね。

みやぎふるさとCM大賞2013 東松島市 ぼくの名前は「おのくん」

出典 YouTube

作る人によって、表情が違うところや、中身の入れ具合で変わる抱き心地など、世界に一つしかないというオリジナリティは、魅力の一つです。

しかし、それと同じくらい、普通の靴下から、ぬいぐるみが生まれ、そのぬいぐるみに、作った人たちの思いが重なっていくという、人とのつながりを感じることができるというところも、今なお愛され続けている理由なのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

モリノミアラ このユーザーの他の記事を見る

笑う門には福来るをモットーに、野球と銀魂と競馬、さらにコーヒーとスイーツとにゃんこを生きる糧に、漫画・アニメ・ゲーム・ドラマなどをこよなく愛する呑気モノ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス