国境を越えて世界を旅するために必要な「パスポート」。その大事な旅のお供は、それぞれの国でオリジナルなデザインが施されています。

そこでここでは、世界中のパスポートの中から、特に素晴らしいデザインのものを紹介しましょう。一見、地味だと思われがちですが、こんなにオシャレなのもあるんです!

01.ノルウェー

パスポートを開くと、そこには山々やフィヨルドといったノルウェーの代表的な風景が描かれています。また驚くことに、ブラックライトを当てると、月やオーロラが浮かび上がり夜の風景が浮かび上がる仕組み!

以下の動画では、その変化の様子をみることができます。

出典 YouTube

デザインしたのは、オスロのデザイン事務所「Neue Design Studio(ノイエ・デザインスタジオ)」。公募で選ばれたものだそうです。

02.フィンランド

パスポートを開くと、そこには北欧に生息する森の王「ヘラジカ」が。それがなんと、パラパラ漫画になっているのです!

そのパラパラ漫画は、以下の動画でみることができます。

出典 YouTube

03.スイス

表紙にはエンボス加工が施してあり、十字が浮き上がっています。ページには、スイス各州の観光名所が。まるでオシャレな手帳のようなパスポートです。

04.カナダ

ページをめくると、そこにはカナダの歴史的な名所が登場。また、ノルウェーと同じように、ブラックライトを当てるとページが夜景が現れるのです。国会議事堂はライトアップされたみたいに輝きだします。空には花火が打ち上がっていますね!

出典 YouTube

05.オーストラリア

一般的には、パスポートに記載できる性別は、「M」(男性)か「F」(女性)のどちらか。けれども、オーストラリアには「X」という表記を選ぶことができるのです。「X」とは、「intermediate(中間)」という意味。つまり、トランスジェンダーなどの人がこの表記を選べるというわけ。

この試みは、オーストラリアが世界初だということ。これもまた、素敵なパスポートといえるのではないでしょうか?

如何だったでしょうか?やはり北欧のオシャレ感が目立ちますね!

現在、日本人のパスポート所有率は約24%。イギリスは約60%、カナダは約70%なので、それに比べると持っている人が少ない印象です。

でももしかしたら、パスポートがこんなに素敵だったなら、所有率もアップするかもしれません。そんな空想が広がるのも面白い。いつも持ち歩きたい、そんな気持ちにさせてくれるオシャレなパスポートたちでした!

この記事を書いたユーザー

らばどら このユーザーの他の記事を見る

国内外を転々としているフリーライター。
犬と猫なら猫派です。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス