「カップ麺」といえばジャンクフード、というイメージが強いのではないでしょうか?けれども、2015年3月10日に発売されたカップ麺「我逢麺(がほうめん)」は、そのイメージを根底から覆してしまうかもしれません。

この「我逢麺」は、横浜にある曹洞宗の大本山「總持寺」が監修したカップ麺。実際にお寺で食べられている「精進料理」を再現しているという画期的なものなのです。開発・製造は、株式会社リ・バースラボさん。

「曹洞宗大本山總持寺の禅を親しみやすく、もっと身近に」というコンセプト。現在、発売されているのは、蕎麦とうどんの2種類。価格は、ともに300円(税込)となっています。

我逢麺・蕎麦

出典 http://zen-foods.jp

我逢麺・うどん

出典 http://zen-foods.jp

山や海の恵みを活かした食材

もちろん「精進料理」なので、動物性の食材は使用していません。けれども、山や海の恵みを活かした様々な食材が使用されているのです。

蕎麦は、昆布醤油をベースにして、玉ねぎ、椎茸から出汁を取っているとのこと。具材には、大豆、青梗菜、きくらげ、わらび、ぜんまい、油揚げなど。

うどんは、塩ベースの汁に野菜のエキスをふんだんに使用。具材には、大豆、じゃがいも、さつまいも、にんじん、里芋、赤大根、青首大根、れんこん、かぼちゃ、いんげんなど。

食べながら「禅」の心に触れられる

このカップ麺の蓋の裏には、この「我逢麺」のための全12種類の法話が綴られています。食べながら「禅」の心に触れることのできる工夫が素晴らしい。

曹洞宗の開祖である道元禅師が、基礎を築いたと言われる精進料理。坐禅だけでなく、料理を含めた日常の行い全てが仏道の実践であるとされていました。その成果のひとつが、ついにカップ麺というかたちで実現したのです。

販売場所は、まずは總持寺内の売店と曹洞宗の関連施設で。そのあと、少しずつ販路を広げていく予定とのこと。忙しい現代人を象徴するような食べ物のカップ麺。そこに「禅」の心が活かされるというのは、とても意義深いことのように思えますね。

この記事を書いたユーザー

らばどら このユーザーの他の記事を見る

国内外を転々としているフリーライター。
犬と猫なら猫派です。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス