記事提供:WAVAL

いつもと違う土地の雰囲気をサーフィンによって味わうことが、サーフトリップの醍醐味のひとつ。

しかし情報も無く入水したり、言われたことを守らないと思わぬアクシデントに見舞われることがあります。まずはフランス南西部、ビスケー湾に面するビアリッツで撮影されたこちらの動画をご覧ください。

出典 YouTube

波のパワーというものは見た目以上に凄い物で、この動画を自分ごととして思うとかなり焦ります。

●初めて入るポイントでは以下のようなことを注意しましょう

・テトラポットなどの人工物のそばは流れが変わるので注意しましょう
・海へのエントリー方法、上がり方を確認しておきましょう
・リーフポイントなど、入って良い時間帯以外は入らないようにしましょう
・誰も入っていない海に入らない。誰も入っていない時は何か理由があると思いましょう(今回は先に運良く陸に戻れたサーファーが手を貸し事なきを得ます)

たとえメジャーポイントであっても、見知らぬ土地でサーフィンを楽しむ際は、水の流れや危険性を予め把握しておきましょう。

またローカルサーファーやサーフガイドをリスペクトし、謙虚な姿勢でアドバイスや忠告をしっかり守りましょう。状況によってはガイドをつけるなどをお勧めします。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス