記事提供:バズプラスニュース

2014年、インターネット上で「大塚にめちゃくちゃ美味しいラーメン屋があるぞ!」と話題になり、大ブレイクしたラーメン屋『北大塚ラーメン』。ランチタイムもディナータイムも行列ができ、材料がなくなって閉店してしまう日もあったほどだ。

モンゴル出身のご夫婦が作る『北大塚ラーメン』は、日本人でさえ簡単に出せない究極の「醤油ラーメン」を作る店として、日本中に知れ渡った。

とある自称ラーメン評論家は批判的な意見を書いていたが、そんな意見などまったく無視するかのごとく、半年経った現在も満員御礼の状態となっている。店内に入ると、まさに満席だった。

ここの名物ラーメンは、チャーシューメンと激辛チャーシューメン。どちらも、麺を隠すように敷き詰められたチャーシューが人気のラーメンである。

プリプリのチャーシューは濃厚な脂身をエキスをたっぷりと放出。それでありながら、過剰な調味料で味付けされておらず、洗練されたスープのダシとともに、ラーメンを盛り上げる。

なにより、ここの女将さんが客にかける「ありがとう」という感謝の言葉が、客の疲れを癒すともいわれている。

JR大塚駅の付近には、無数にラーメン屋や食堂が点在している。そのなかでも際立って人気の『北大塚ラーメン』。これからも、その美味しさを提供し続けて欲しいものだ。

最後に、美味しい食べ方をお教えしよう。チャーシューメンと一緒にライス注文し、ライスにチャーシューとスープをかけて食べると絶品だ。激辛のほうが美味しさが増すとの情報もある。

北大塚ラーメン
住所東京都豊島区北大塚1-14-1
時間:11:00~14:30 17:30~23:00
休日:日曜日

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス