記事提供:CELEBLY

2015年3月14日、北陸新幹線延伸開業を記念して、沿線にあるJR軽井沢駅にて、金沢市から来たご夫婦による、公開結婚式が行われました。

北陸新幹線の開業という記念すべき日に結婚式を行われたご夫婦。その様子をご覧ください!

【2015.3.14】北陸新幹線が開業!

北陸新幹線の金沢・富山~長野間が2015年3月14日に開業しました!北陸新幹線には4タイプの列車があり、それぞれ「かがやき」「はくたか」「つるぎ」「あさま」です。

そして今回、「かがやき」「はくたか」が金沢‐東京間を繋ぐ新幹線となりました。

最速でも、金沢‐東京駅間は2時間28分、富山‐東京駅間は2時間8分という速さで移動が可能となり、小京都とも呼ばれる金沢への移動がより短時間で行うことが可能となりました。

これまでは、富山‐東京間の移動が、最速でも3時間11分かかっていたので、だいぶ短縮されましたね!!

北陸新幹線の開業により、大都市圏との鉄道による移動時間が短縮されます。時間短縮効果に伴い、人々の交流が増え、経済波及効果が期待できます。

出典 http://www.pref.ishikawa.jp

記念すべき3月14日の北陸新幹線開業の日、金沢のカップルによる公開結婚式!

そんな記念すべき3月14日、あるカップルが結婚式を挙げられました。そのカップルとは、金沢市にお住いのご夫婦。

開業された14日、ご夫婦は金沢発東京行きの「はくたか」に乗り、金沢市から沿線上の軽井沢駅でタキシードとドレス姿で下車。

それからご夫婦は、駅長の案内で通路に設置された会場まで移動し、軽井沢駅にて公開結婚式を行ったのです!!

北陸新幹線延伸開業を記念し、沿線のJR軽井沢駅(長野県軽井沢町)で14日、金沢発東京行きの「はくたか」に乗って金沢市から来た夫婦の公開結婚式が開かれた。

出典 http://www.sankei.com

夫婦はタキシードとドレス姿で駅に降り立ち、駅長の案内で通路に設けられた会場まで移動。通行人も見守る中、藤巻進軽井沢町長らが立会人となって式を挙げた。

出典 http://www.sankei.com

でもなぜ、軽井沢駅?

しかしなぜ、金沢市にお住いのご夫婦が軽井沢駅で結婚式を?

今回、公開結婚式を行われたご新婦様の亡くなられたお母様との思い出の地が軽井沢だったそう。

「心の中で母に見ていてね、と思いながら式をした。新幹線は景色も乗り心地も良く、楽しかった」

とご新婦様は笑顔で語られていました。きっと亡くなられたお母様も喜んでいらっしゃいますね。

新婦の小熊加奈さん(28)にとって、軽井沢は昨年亡くなった母とよく訪れた思い出の場所という。加奈さんは「心の中で母に見ていてね、と思いながら式をした。新幹線は景色も乗り心地も良く、楽しかった」と笑顔で話した。

出典 http://www.sankei.com

記念すべき3月14日に開業した北陸新幹線。今まで3時間半ほど掛かっていた金沢や富山への移動が2時間半ほどに短縮し、これを機に北陸新幹線に乗って、小京都とも呼ばれる金沢や富山へ旅行をしようとお考えの方もきっと多いはず。

素敵な記念日に、ご結婚されたお二人にもぜひ幸せになっていただきたいですね!

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス