池袋にオープンした日本酒飲み放題・利き酒のお店「KURAND SAKE MARKET」が先日、こちらspotlightで話題となりました。

このように最近注目の集まる「クラウドファンディング」を通して、新しい日本酒と出会う機会が増えています。知らなかったものを知って楽しむ機会って素敵ですね。

そして今回ご紹介するのは、島根で発足した「みんなで造る日本酒」プロジェクト。
みんなで酒米の田植えから取り組み日本でも希少な純米・無濾過生原酒」KAKEYAを造ります。

純米・無濾過生原酒 —希少な日本酒の最高峰「KAKEYA」

KAKEYAは「純米・無濾過生原酒」で、造りや管理が難しく手間がかかるため目にする機会は少ないですが、米と水という原材料の本来の自然な旨みが「生」で味わえる、最高に贅沢な日本酒の最高峰です。

出典 https://www.makuake.com

すべての原材料・行程にこだわりを

1.「純米」:醸造アルコールは一切利用しません。

2.「無濾過」: 濾過剤は一切使用しません。

3.「生」:火入れ殺菌は一切行いません。

4.「原酒」:加水による味の調整を行いません。

5. 米: 島根県産の「五百万石」

6. 水: 島根県「掛合」の仕込み水

このように、本格的な味に強くこだわった「純米・無濾過生原酒」を造ります。

出典 https://www.makuake.com

全国から120名が島根に集まり、酒造り体験

365日飲むという日本酒ファンから、日本酒はあまり知らないけど静かな田舎街で時間を過ごしてみたい方まで。会社員、公務員、起業家、IT系のエンジニアから飲食店経営者まで。

そんなみんなで、1つ1つの酒造りの作業、ラベルのデザイン、販売方法まで議論しながらも、新しい1つの日本酒が生まれました。まさに「和醸良酒」の日本酒です。

出典 https://www.makuake.com

様々な人が集まって酒造り全行程の体験ができるプロジェクト。きっと、みんなのお酒が出来た時の感動は大きいものでしょう・・・

「日本酒はアルコールが強くて飲みにくい。」「二日酔いになる。」そんなイメージがある方も、ぜひこの「純米・無濾過生原酒」をお試し下さい。2015年2月に製造したKAKEYA 2015は飲食店等で、時にはワイングラスで、時には洋食と提供されるなど、日本酒初心者を含め多くの方に「日本酒のイメージが変わった」とご好評を頂いてます。

出典 https://www.makuake.com

酒づくり指導は創業150年の酒蔵。そして元首相の生家。

酒造りを行う島根県の「竹下本店」は、150年の歴史を誇る老舗。そこで40年以上日本酒造りを経験している蔵人の技術と指導、そして地元の方々の支援を受けながら新しい日本酒を造ります。

出典 https://www.makuake.com

蔵のある竹下家は、第74代内閣総理大臣の竹下登元首相の生家です。

出典 https://www.makuake.com

「日本酒があるライフスタイルを世界に」日本酒応援団

みんなが楽しめる価格で、生酒を海外へ冷蔵輸送するには、100万本の単位での製造が必要です。でも、5,000本も造れなければ、100万本は造れない。造った日本酒の味が評価され、5,000本が販売できなければ、100万本は販売できない。

このプロジェクトは、このビジョンに向けた「大きな」第一歩です。

ぜひ一緒に、日本酒を応援しましょう!

出典 https://www.makuake.com

もっともっと日本酒の魅力を多くの人に知ってもらいたいこのプロジェクトです。

4月28日まで、クラウドファンディング実施中です

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて本プロジェクトは沢山の方の支援を募集しています。支援した方には「酒造り体験チケット」や「できたて日本酒ボトル」等をリターンとして送られます。

普段日本酒をあまり飲まない方でも、日本酒の魅力を知るいい機会ですので、ご興味のある方は支援してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

Makuakeスタッフ このユーザーの他の記事を見る

クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」のキュレーションチーム。世界中のクラウドファンディングサイトを常日頃研究しつつ、日本でクラウドファンディングを根付かせることをミッションに日々奮闘。映画、ガジェット、おしゃれグッズや国内外のクラウドファンディングで生まれた素敵なアイテムに関わること発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス