記事提供:カラパイア

写真家のマリア・シャープさんは7歳の時に犬のチャビィと出会った。それから16年間ずっと同じ時を歩んでいった。長年連れ添った愛犬のチャビィだが、犬の寿命は人間よりもずっと短い。チャピィの死が近いことを悟ったシャープさんは、2人の思い出がたくさんつまった写真を整理しながら、チャビィにお別れを言う準備を始めた。

現在23歳のシャープさんは、彼女がまだたったの7歳のときから一緒にいる2人の懐かしい写真を探し出した。シャープさんが写真に興味を持つようになってから、モデル役となってくれたのは、いつもチャビィだった。そして、2人一緒の最後の写真は、友人のスザンヌ・プライスさんに撮ってもらった。

享年16歳。この写真を撮影した後、チャビィは天国へと旅立っていった。

チャビィとのたくさんの思い出は、写真の中にたっぷり残されている。どの写真1つとっても、その時のことが鮮明によみがえる。いろんなことがあった。共に遊び、共に笑い、辛いときにはそっと寄り添い慰めてくれたチャビィ。あの素晴らしい日々を、決して忘れることはないだろう。

「これは彼女と出会った最初の日。これからチャビィのお世話をしたり、愛情を注いだりすることができると思うと、とてもうれしくて、本当にドキドキしていたわ。」

「お気に入りの1枚よ。この日までは赤ちゃんみたいに抱っこしていたの」

「チャビィは抱っこされるのが好きじゃなかったみたいだけれどね。」

そして初めてのクリスマス。

「この子は決まって私の足の上に座るの。2人は親友以上の存在だったの。私が思っている以上に私のことを大切に思ってくれていたのね。」

いつも2人は一緒。

シャープさんの写真の専属モデルはいつもチャビィ。

どこでもゴロンと寝転がるチャビィ。バスルームは占領される。

もちろん寝る時も一緒だ。

人懐こくおだやかなチャビィは、誰からもかわいがられた。

「友達と出かける予定がないときは、チャビィと一緒にセルフィ(自分撮り)をしてたの、当時その言葉はまだなかったけれどね。」

「この写真は、かかりつけの獣医さんで募集していた“ペット自分撮り”コンテストで優勝した1枚よ。この子のかわいさがようやく皆に認められたってわけ。」

大学時代、チャビィは毎日見送りに来てくれた。

ここ数年、チャビィの健康に衰えが見え始めた。初めて白内障を患った。

だんだんと耳が遠くなって、とうとう完全に聞こえなくなってしまった。

「足を踏ん張れなくなってきたから、水とエサ皿の側にマットを敷いたの。それから眠れなくて大変そうだった。」

「1週間前に嘔吐が始まって、ほとんど食べなくなってしまった。吐き気止めの薬も飲ませたんだけれど、あまり効かなかった。」

「1週間くらい前、チャビィと一緒に写真撮影をすることを決めた。この子の時間が限られていることに気がついたから。そしておそらく二度と一緒に写真を撮ることはできないと思ったから」

「血液検査の結果が良好だったけど、レントゲンを撮ったら、胆石が見つかったの。」

手術をすれば治る可能性はあったが、チャビィには、その手術に耐える体力が残されていなかった。

「月曜日に楽にさせてあげようって決意した。あの子がまだ生きているうちに、これを書いておくわ。だってチャビィが眠るまで待つとしたら、私の頭はどうかしちゃうだろうし、涙でキーボードを打てなくなるから。」

via:cracktwo・原文翻訳:hiroching

余命いくばくもない愛犬を、地獄の苦しみから解放する為、飼い主は時として「尊厳死」という苦渋の選択をする。動物は人間のように死を恐れない。全てのものに必ず終わりがあることを知っているようだ。

だが、死ぬことは恐れずども、永遠に続くかのように思われる体の痛みには恐怖が伴う。それを解放することができるのは飼い主だけだが、共に過ごしてきた日々を思うと簡単には踏み切れないし、「もしかしたら、もう一度元気になるかも」。という期待も捨てきれない。

とても難しい問題だが、死は無差別に、そして平等に訪れる。いつか別れるその日まで、共にいられる日々を大切にしていこう。同じ時を共有していることこそが奇跡なのだから。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス