「ガキ夫」と「少年のような心を持った夫」の違いとは?

出典 http://blog.livedoor.jp

あさイチで放送されて話題沸騰の「ガキ夫」ご存知ですか?「ガキ」のような「夫」のことを示す「ガキ夫」という言葉ですがなんと、妻の8割が「ウチはガキ夫!」と認定するという自体に!

「あさイチ」が行なったアンケート調査では、8割の女性が自分の夫が「ガキ夫」だと回答し、半数以上の女性が悩んでいることが判明したという。'''

出典 http://bylines.news.yahoo.co.jp

Twitterでも意見がさまざま

大変なのも、遊びたいのも、自分の時間が欲しいのもお互い様。双方の思いやりが大切ですよね。

「大きい子供」は嫌ですよね。

怖い…でも確かに「一生面倒をみるだけ」はつらいです。「男」として頼りにできなくなったら「夫」として見れないかも。

みんな子供から大人になったわけですしね。

筆者も同意見です。

そもそも、ガキ夫てどんな夫?

「ガキ夫」てどういう人をいうのでしょうか?

「ガキ夫とは、片づけをしない

片づけをしないことを

注意すると拗ねるといった

子供のような夫のこと」 

出典 http://blog.livedoor.jp

パジャマは脱ぎっぱなし、家事をお願いしても、やりたくないことはしない、ちょっと指摘するとスネる…。アンケートをしたところ、8割近い女性たちが“夫の行動や言動”を“ガキっぽい”と感じ、困っていると回答しました

出典 http://bylines.news.yahoo.co.jp

なんだかよく聞く話のような、耳の痛い人もいるような?

(1)妻が何度注意しても服は子どものようにリビングに脱ぎっぱなし!

(2)妻が「ねえ、今日は子どもの迎えに行ってくれない?」と頼んでもゲーム機に夢中になり、「今、いいところだから、もうちょっとだけやらせて」と家族よりも自分の趣味を優先する

(3)妻が「換気扇とかベランダとかやってほしいところがあるんだけど」と家事を頼んでも、やりたくないことはいっさいしないで、「だから、やったの!」などと、しまいにはスネてしまう。

(4)帰宅するとゲーム部屋にこもり、家族のことなどおかまいなし。テレビやゲームを楽しんでいる。妻は「激しくマイペース。幼稚園生だってここまで自己チューじゃない。夫としても大人としてもどうなのか」と憤る。

出典 http://bylines.news.yahoo.co.jp

これはちょっと嫌かも…つい「子供じゃないんだから!!」と言いたくなる妻の気持ちがわかってしまいます。

が、反面「かわいいな」とも感じてしまう筆者は甘いのでしょうか?

「少年のような心」との違いはなんだろう??

いくつになっても少年のような心は持っていて欲しいですし。
いくつになっても少女のようにかわいくいて欲しいですし、
「ガキ」との違いはどの辺なのでしょうか?

少年の心を忘れない大人の男というと、子供っぽさも残っているという感じでしょうが、あまりにも子供っぽさが残り過ぎていますと単なる幼稚とみられて軽蔑されてしまうでしょう。

出典 http://menzine.jp

「子供っぽさが残っている」と「幼稚」は大きく違いますね!

忘れがちなのが大人という言葉が入るということです。20歳を過ぎたらもう大人だろう?と思う人もいるかもしれませんが、ここでいう、少年の心を忘れない大人の男というのは、精神的にも大人であるということです。

出典 http://menzine.jp

「精神的には自立した大人であること」が大きなポイントになりそうです。

精神的に大人の男になるということは、仕事であれ家庭であれ様々な責任を背負うということでもありますので、子供の部分を残していてはやっていけないという場合も多々あります。

大人としての自覚を持って、大人として生活をするということは、あたり前ですが子供ではないということです。

そういった大人でありながら、男の子のように純粋に熱中するという場面があったりすると、少年の心を忘れない大人の男だな~と思われるのかもしれません。

出典 http://menzine.jp

普段は責任ある「大人の男性」が、子供のように熱中したりすることが
「少年の心を持った大人」という感じですね。

「ガキ」と「少年の心」の違いはただ一つのような気がしてきた

色んな意見が溢れるインターネットですが、筆者は「ゲームで遊ぶ夫」も好きです。脱いだ服もそのままで遊ぶのは息子と同じですが、いつもじゃなきゃいいかなーと思います。大人として「やる時はやる」の約束を守ってさえくれれば。

「やってほしいこと」「やりたいこと」を先に話しあえるかどうか

言われる前に進んでやってほしいのは大前提として、「今日はずっとゲームがしたいんだ」「じゃー、服の片付けと掃除だけ先にお願いね!」最初に話し合っていれば”がっかり”も少ない気がします。

「何もしたくないんだ!今日はゲームなんだ!」ときたら「じゃー明日は絶対●●やってよね」と話し合えることも大切ですね。「聞く耳もたない」んじゃたんなる駄々っ子です。

男性も女性もきっと「子供」の部分はあります。感情もその時々で様々あると思いますが、「大人として約束は守る」ことは大切なことだと思うのです。なので先に「約束」ができるかどうかも大きなポイントのような気がします。

お父さんに守られて育ったり、お母さんがたくさん助けてくれたりして育ってきたわけなので、つい、相手にたくさん求めてしまう気持ちは誰にでもあるもの。

いつの間にか大人になってしまいましたが、子供の心を大切にしつつ大人として「約束」は守る人でありたいですね。

少年のような心と少女のようなかわいらしさ

少年のような心も少女のような可愛らしさも、永遠にもっていて欲しいですし、もっていたいですが、なかなか難しいなーと思う一文を見つけてしまいました。

「鏡を見て自分が少年だと言っていることがカッコ悪いと思えないんですか?」

(青木さやか)

出典 http://bylines.news.yahoo.co.jp

おじさんとおばさんになっている自覚を持つためにも、鏡は頻繁に見ようと思います。

こちらの記事も合わせてどうぞ

この記事を書いたユーザー

magic of album このユーザーの他の記事を見る

みんなの編集局公式ライター。テンション上がることやちょっと気になること、面白いことを中心につらつらと。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス