まだ少し肌寒い3月ですが、もう少し経つとBBQにはもってこいの良い季節になりますね。なぜ突然そんな話をしたかというと、BBQにも、もしかしたらサバイバルにも、もってこいのライフハックを発見したんです!

【用意するもの】

・ビニール袋

・卵

・BBQコンロなど

出典筆者

ビニール袋に火!?筆者も動画を見るまでは半信半疑でした。

出典 YouTube

出典 http://youtu.be

いたって普通のビニール袋に水を入れ…

出典 http://youtu.be

卵を入れて、火にかけます…!

出典 http://youtu.be

だいたい10分くらいとのことで、鍋でゆで卵を作る時と同じですね!

出典 http://youtu.be

熱湯の中から卵を取り出すと…

出典 http://youtu.be

なんとゆで卵ができています!そういえばビニール袋も溶けていません!どうしてビニール袋が溶けないのかについて、下記のような解説に出合うことができました。

ビニール袋が火で溶ける理由は、火の熱でビニール袋が溶ける温度に達するためです。しかし中に水が入っていると、火の熱はすぐに水に移り、さらに蒸発によって100℃以上にならず、ビニール袋が溶ける温度に達しないためビニール袋は溶けずにお湯を沸かすことができます。

出典 http://commonpost.info

水が入っているために、ビニール袋は火にあぶられながらにして、100℃に達していないんですね!これは驚きです。

BBQに鍋があればいいですが、かさばりますよね。そんな時に、動画のように吊るす道具さえあれば、10分ちょっとでゆで卵ができる…!

ということは、火の通りやすい野菜のボイルなどもできるのかもしれないですね。鍋なしボンビーガール・ボーイにも、これは朗報に違いありません。皆さんで火の元に注意しながらやってみましょう!

この記事を書いたユーザー

まも このユーザーの他の記事を見る

パン屋巡りとサッカー・フットサルが趣味。出版社での編集職を経て、現在ライター2年目。プライベートでは競技フットサルチームのスタッフとしても奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス