エクストリームスポーツに分類される「ウイングスーツフライング」。ムササビのような形状をした「ウイングスーツ」を装着して高所から飛び降り、パラシュートで着地するという危険極まりないこのスポーツのため、毎年20人余りが命を落としています。

そんな命懸けに近い「ウイングスーツフライング」ですが、これを見たらそれでも体験してみたいと思わせてくれるかもしれない素晴らしい映像を発見しました。

GoProで作成されたその映像は、「ウイングスーツフライング」の「スリル」の部分だけではなく、それと同時に映像の美しさから感じられる「雄大さ」や「見える景色の美しさ」を教えてくれます!

スイスのヴァレンシュタットの峡谷を、複数台のGoProを背負って滑空するジャンパー。そのGoProで撮影された大自然の雄大さは目を見張るものがあります。

出典 YouTube

危険すぎるため、初めてのウイングスーツの使用には、ライセンスを持つ現役のスカイダイバーで500回以上の通常スカイダイビング経験、または最低200回以上の通常スカイダイビング経験とインストラクターの指導が必要になるくらいなのですが、この映像を見たら体験してみたくなるかもしれませんね。ジャンパーたちの気持ちが少し分かるような気がします!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス