出典 http://www.gettyimages.co.jp

右ひじ靭帯の損傷で手術をすることになった、テキサスレンジャースのダルビッシュ有さん。心配しているファンの方も多いと思います。

今回ダルビッシュさんが受けることになった「トミー・ジョン手術」とは、一体どんな手術なのでしょうか。

トミー・ジョン手術(英:Tommy John Surgery, 側副靱帯再建術)は肘の靱帯断裂に対する手術術式。

1974年にフランク・ジョーブによって考案され、初めてこの手術を受けた投手トミー・ジョンにちなんでこう呼ばれている。投球の際にひじの側副靭帯に大きな負担がかかる野球の投手が受けることの多い手術である。

出典 http://ja.wikipedia.org

過去に、同じ手術を受けた選手には桑田真澄氏、現役では松坂大輔投手や和田毅投手、藤川球児投手などがいます。

損傷した靱帯を切除したうえで、患者の反対側の前腕(長掌筋腱など)や下腿、臀部、膝蓋腱などから正常な腱の一部を摘出し移植することで患部の修復を図る。

出典 http://ja.wikipedia.org

自分の正常な腱の一部を移植するという手術です。トミー・ジョンさんが一番最初にこの手術を受けた当時は成功率1%未満と言われていたこの手術も、医学の進歩と共に、現在では成功率90%以上までに進化しました。

成功率が上がったとは言え、自らの体にメスを入れることは大きな決断です。また、復帰までに1年以上かかるということも、選手としてのキャリアに少なからず影響を及ぼします。

しかし、ダルビッシュさん本人はとてもポジティブに現在の心境をブログに綴っていました。その内容を一部紹介したいと思います。

明日右肘内側側副靭帯移植手術を行ってきます。

右手首にある腱を肘に移植します。

復帰までは一年になります。

思い起こせば小、中、高と痛みに弱く身体を痛めやすい体質でした。

出典 http://ameblo.jp

プロ2年目の途中までは身体的、精神的にも弱かったですが色々自分で気付けた事で色々工夫し、ここまで来られました。

そしてそれを支えてくれたのが身体、特に右腕でした。

ファンの方々に見せてきた色々な姿も全てこの右腕があったからこそでした。

その右肘の靭帯と共に生きるのも今夜が最後です。

出典 http://ameblo.jp

寂しいですが、残念ではありません。

こんなとこまで連れて来てくれたのですからもう本当に感謝しかありません。

出典 http://ameblo.jp

この手術は100パーセント帰ってこられるわけではありません。

帰ってこられない可能性もあるのです。

ただ強がりではなく不安も怖さもありません。

出典 http://ameblo.jp

20歳の時に決めた事があります。

「いつ終わってもいいようにどんな事にも妥協だけはしないでおこう。」です。

それを今まで1日たりとも欠かさず守ってきました。

なので今までの野球人生に悔いはないのです。

出典 http://ameblo.jp

次に見る「ダルビッシュ有」は前より強いかもしれませんし、弱いかもしれません。

その”結果”がどうであれ”結果”に向かうリハビリと言う”過程”においては絶対妥協はしませんし、タダでは手術はしません。

出典 http://ameblo.jp

明日の手術頑張ってきます。

自分は生まれ変わってもまたこの靭帯と一緒になりたいです。

今までありがとう(^^)

出典 http://ameblo.jp

必ず復帰ができるという保証がないにもかかわらず、手術の決断に後悔はないと断言しているダルビッシュさん。手術とリハビリを乗り越え、また我々に素晴らしいピッチングを魅せてくれる日を願ってやみません。

この記事を書いたユーザー

Spotlight編集部 このユーザーの他の記事を見る

Spotlight編集部の公式アカウントです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス