2015年夏、JR九州の大分や長崎エリアにデビューする列車が話題を集めています。それは「JR KYUSHU SWEET TRAIN 『或る列車』」というもの。名前に「SWEET TRAIN」という言葉が入っていますが、これは列車の中でスイーツのコースメニューを楽しむことができるから。

しかも、そのコースのレシピを考案するのは、ミシュラン2つ星のフレンチレストラン「NARISAWA」でオーナーシェフを務めている成澤由浩氏なのです。成澤氏は里山の食材を使った革新的な料理人として、欧州でも数々の賞を受賞している著名なシェフ。

コースは、パンやスープなどから始まって、スイーツを3品、そして、ミニャルディーズ(食後の焼き菓子)で締め、といった内容になるそうです。

JR九州の本気をみた!まさに非の打ち所なし!

出典 http://www.jrkyushu.co.jp

1号車テーブル席の完成イメージイラスト。

また、素敵なのは、そのスイーツコースだけではありません。その列車のデザインや内装もとても凝った贅沢なものになっているのです。なんと、「模型の神様」と言われている故・原信太郎氏が作った、鉄道マニアの間では幻の客車とまで呼ばれている「或る列車」を再現。

デザインや設計は、「ソニック」「かもめ」「つばめ」などを生み出した水戸岡鋭治氏が担当。また、「原鉄道模型博物館」の現副館長・原健人氏が監修しているという、まさに非の打ち所のない本格的な仕様なのです。

女子旅にも鉄道マニアにも魅力的!

出典 http://www.jrkyushu.co.jp

2号車二人用個室席のイメージイラスト。

基本プランは、「大分駅→日田駅」「佐世保→長崎駅」など運行区間の片道で、運賃、スイーツコース、ドリンク代などを含めて、1人2万円から設定されているとのこと(個室利用の場合などは、別途料金がかかるそうです)。また、定員は40人程度。

土曜・休日、夏休み、春休み、ゴールデンウィークなどに運転予定で、JRの駅旅行センターや旅行会社で予約が可能。現在、発売開始の時期は調整中とのこと。

女子旅にも鉄道マニアにも、またそのどちらでもない人にも、とても魅力的な列車なのではないでしょうか?この夏の旅行の予定に入れてみると良いかもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

らばどら このユーザーの他の記事を見る

国内外を転々としているフリーライター。
犬と猫なら猫派です。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • インターネット
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス