「ねぇパパ!日曜日ちんちん電車乗ろうよ~!」

出典 http://tabinote.air-nifty.com

全ては息子のこの一言から始まった。。。

前回息子と都電に乗ったのは数か月前でしたが、新庚申塚~東池袋4丁目の区間に乗り、サンシャイン水族館と池袋の百貨店でお買い物という日程を過ごしました。筆者も息子も、その日のことが楽しかったので、もう一度ちんちん電車に!と思ったのでした。

大人には少しレトロで、子どもには超新鮮!都電荒川線に乗って親子で楽しもう!!

出典 http://www.gettyimages.co.jp

昭和の30代頃までは、沢山の場所に、この様な路面電車やトローリーバスが走っていましたが、自家用車の普及や路線バス等の整備が進み、徐々にその姿を消した「ちんちん電車」。出発の時にチンチン!とベルを鳴らすのでそういう名前になったのでしょうが、ちょっと変な名前。。(笑)

今回は右から攻めました

出典 http://sylvia29s.blogspot.com

今回のコースは、始発停留所の三ノ輪橋から荒川遊園地前までの11停留所19分。荒川遊園で遊ぶことと、ちんちん電車に乗ることの二つの目的が今回はあります。

三ノ輪橋停留所。

出典 http://in-wind.seesaa.net

さぁ、いよいよ出発です。始発の三ノ輪橋停留所です。

商店街や住宅地の中にあり、ホームに見える両サイドは普通に道路です。電車を待っている人の横を自転車が通るなんてことが何度もありました。

この三ノ輪橋は、どこの鉄道の駅とも乗り換えではなく、いきなり「こんな所か!」な場所に停留所があるだけです。

ちんちん電車を目的に車で行く場合は、この周辺に一日1200円~1500円程度のタイムパーキングが数か所ありますので、それを利用するのも一つの方法です。

急にアーバンな町屋駅前停留所周辺

出典 http://minimini.jp

荒川一中前。荒川区役所前。荒川二丁目。荒川7丁目。と、割と味わい深い古めの住宅地を抜けて、出てくるのが常磐線との乗り換えも出来る、町屋駅前停留所。暫く低層な建物が中心だった景色を見続けたので、急に都会に来た感じがして楽しくなります。

熊野前停留所

出典 http://www.navita.co.jp

都営舎人ライナーとの乗り換えが可能な熊野前停留所。町屋駅前から町屋二丁目。東尾久三丁目と来て、急に新しい景色になってビックリします。

宮ノ前駅

出典 http://f.hatena.ne.jp

尾久八幡神社の前なので、宮ノ前駅。それ以上でもそれ以下でもありません。

荒川遊園

出典 http://darthmahler.at.webry.info

ちんちん電車乗車ミッションが一応達成され、荒川遊園に到着です。
停留所から数分で歩けるのですが、途中には公園があり、プールがあり、駄菓子屋さんがあり、かと思えば新しい分譲マンションや建売住宅のような住居が沢山あったり、色々混在なところです。
遊園地入口で迎えてくれるのは、昔のちんちん電車の保存されている車両です。入場すると目の前まで近寄って見ることが出来ます。車内の内装はウッド中心で、長いベンチシートだけの座席です。

凄く狭い遊園地です。あっという間に回れます。

出典 http://www.tokyo-park.net

筆者は家族で、メリーゴーランド、観覧車、周遊電車のようなもの等に乗りました。その他、バッテリー・カーや、各種子供向けゲーム。ポニーやミーアキャット等のいる動物園、売店や食堂などを利用しました。
荒川区と言えば、水泳の北島選手の出身地として有名ですが、そんな北島選手のご実家のお肉屋さんの名物のメンチカツ等が売店では販売されています。筆者も頂きました。お肉屋さんメンチカツ!という感じの美味しいものでした!

遊園地と停留所の間の駄菓子屋さん。

出典 http://blog.livedoor.jp

お好み焼きも食べられます。ビールも飲めます。
三ノ輪橋まで車で来てしまった筆者は、ビールとお好み焼きというチャンスを逃すこととなり、後悔しましたが(笑)息子と駄菓子を買って、それはそれで楽しい感じです。

いよいよ帰路。

出典 http://minimini.jp

荒川遊園地からの帰路。写真は住宅街の中にある小台停留所。

三ノ輪橋停留所前の珈琲館

出典 http://funini.com

楽しかった遊園地とちんちん電車の短い旅が終わり、元の三ノ輪橋停留所に到着。

降車すると目に入るのが、この喫茶店。都電グッズ販売や、ちんちん電車の描かれたホット・ケーキが食べられるなど、いろいろ楽しそうなことが書いてあったので、吸い込まれるように入店。

紳士的な店員の方が、子ども連れで行ったこともあってか、ちんちん電車の一番見やすい窓際の席を用意してくださり、筆者も息子も大満足。美味しいホット・ケーキ、トースト、コーヒーを頂き、どれも最高の味。店員さん達のホスピタリティー抜群な対応に感謝し、大満足で少々グッズの購入もして、店を出ました。

この旅の忘れない想い出の一つになる喫茶店です。

有難う素晴らしい想い出を!

出典 http://darthmahler.at.webry.info

楽しかった、ちんちん電車。楽しかった、遊園地。美味しかった、喫茶店。

子供の作文みたいですが、筆者の感想は本当にそうなのです。勿論家族で楽しく過ごしたから良かったのかもしれませんが、素敵な休日になりました。休日の過ごし方がマンネリになっているお子様のいる家族の方や、逆に年配の方も連れて行くなんていう時も、結構喜ばれるのではないかと思います。

是非、読者の皆様も、楽しいちんちん電車の旅へ!!

最後までお読み頂き有難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス