スペインにある小道「エル・カミニート・デル・レイ」

出典 http://www.viralnova.com

「エルカミニートデルレイ」スペインのマラガ県アロラにあるグアダルオルセ川に沿ってそそり立つ、花崗岩でできた小道。その名はスペイン語で「王の小道」を意味する。

「世界一危険な道」

出典 http://en.wikipedia.org

1905年にダム建設の為に3kmに渡って作られたこの道は道幅1mにも満たない。安全柵は殆どなく、進む者は安全帯を付け、細い道幅を慎重に歩かなければならない。




一番高い所で落差230mもあり、足を踏み外せば一気に谷底まで転落してしまう。まさに命がけで進まなければならない「世界一危険な道」だ。

進む老朽化と相次ぐ事故

出典 http://www.viralnova.com

ダム完成が完成した1921年の後は無用の長物となってしまい、長年に渡って放置されていたこの道。老朽化は進み、至る所に穴が開き、画像のように完全に道が崩落し無くなっている所もある。実際に事故も相次ぎ4名の死亡者も出ていた。

立ち入り禁止となっていた

出典 http://www.taringa.net

前述のようにクライマー達の人気スポットとなっていたこの道。事故を懸念して政府はこの道を立ち入り禁止としていた。

しかしこの度、14年ぶりに開通することとなった!

出典 http://elpais.com

「世界一危険な道」と呼ばれ、14年間も立入禁止となっていたスペインの断崖絶壁にある遊歩道の改修工事が完了し、3月26日に開通することになった。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

スペインのアンダルシア州自治政府では700万ユーロを投じ、エル・カミニート・デル・レイを再整備し、ご覧のように安全な道へと生まれ変わらせたのだ。

ちょっと怖い新たな観光スポット

出典 http://elpais.com

前のエル・カミニート・デル・レイに比べてスリルは無くなったかもしれないが、その景色は変わっていない。

非日常を体験したい方は「世界一危険な道」を体験してはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

ハイエナさん このユーザーの他の記事を見る

動物、自然、三面記事。世界のあっと驚く事や感動的な事などをテーマに取り上げてます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス