大人になって使う機会が減ったノート。学生時代は科目ごとでノートを使い分け、卒業するころには何十冊ものノートが山のようになっていました。

自分がどれだけ勉強してきたかという過程とその結晶ともいうべきノートの山ですが、最近は画期的な商品が開発されました。なんと同じ1冊のノートを何回も使えるというのです。

つまり最後のページまで使い終わった後にあることをするとまっさらなノートに戻るというのです。これはありそうでなかった発想ですね。その商品がこちら・・・

Rocketbook

出典 https://www.indiegogo.com

このRocketbookはクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で、2万ドルの調達目標に対し、22万ドル以上も集めるという大ヒットプロジェクトとなっています。

こちらの「Rocketbook」はいわゆる「スマート文具」呼ばれるスマホに連携する文房具です。見た目は普通の紙のノート。ノートに書いた内容をスマホカメラで読み取って、各種のクラウドサービスに転送するというのが基本的な使い方になります。

このノートの最大のポイントは使用するペンとしてパイロットの“消せるボールペン”「フリクションボール」を指定していることです。このボールペンは、熱を加えるとインクが無色になるのが特徴です。

ここまでご説明すればだいだいの予想はつくと思います。

使い切ったらレンジでチン!

出典 YouTube

ノートを使い切って、内容をスキャンしてデータを保存した後はノートを電子レンジに入れて、30秒チン。するとあっという間に白紙のページに逆戻り、何度でも使えるというわけなのです。
これは非常に便利ですね。

ただ、保存しているデータが消えたら・・・。やっぱり個人的には毎回買い替える方が好きかもしれないです。

この記事を書いたユーザー

はなまる このユーザーの他の記事を見る

長野県出身の30代2児の父。ゲーム、アニメ、マンガ、スポーツ、夢の国が好きです。
時事ネタやエンタメ、サブカルからオタクネタまで自分が気になったことを発信していきたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス