最近よくみかけるようになった「セルフィー棒」。スマホなどで気軽に自撮り写真が撮れるので、重宝している人も多いはず。そして、この比較的新しいアイテムの、さらにその先の姿が見えてきました。それは、無人の飛行機「ドローン」を使用した空撮なのです。

ここに紹介するのは、クラウドファンディングサイト「Indiegogo」に出品されている「ELF」という名前のドローン。中国の深圳(シンセン)を拠点にしているElecfreaks社が制作したものです。

ここで募集されていた資金調達は2万ドルでしたが、現在、その目標を大きく上回る5万ドルに達しています。そのことからも、自撮りを空撮することへの期待感をうかがうことができるのではないでしょうか?

こんな感じで使用します

出典 https://www.youtube.com

空を飛ぶということで、操縦が難しいと思われるかもしれませんが、スマホで直感的に操れるような仕組み。また、「VRボックス」というメガネにスマホをはめ込むと、ドローンの視点になって写真を撮ることも可能なのです。

こういう写真が撮れる!

出典 https://www.youtube.com

コンパクトなボディ!

出典 https://www.youtube.com

とても小さく軽いので、どこにでも気軽に持ち運ぶことができます。

また面白いのは、この「ELF」というドローンがハードもソフトもオープンソースで設計されている、ということ。つまり、ここで開発されて貯められた知見や成果は、世界に広くシェアされるわけですね。新時代がはじまりつつある、という感じがします。

動いている姿はこちら!

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

らばどら このユーザーの他の記事を見る

国内外を転々としているフリーライター。
犬と猫なら猫派です。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • ニュース

権利侵害申告はこちら